bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2014-09-10 02:55:21
  • トップページ
  • Appleニュース
  • 速報:アップル、「Apple Pay」を発表!待望のモバイル決済機能が登場
  • 速報:アップルが「Apple Pay」を発表!待望のモバイル決済機能が登場
    噂されていたモバイル決済機能「Apple Pay(アップルペイ)」が発表されました!

    iPhoneをかざすだけで決済できる「Apple Pay」が登場!

    NFCを搭載したiPhone 6とiPhone 6 Plus、Apple Watchで使えるモバイル決済機能が「Apple Pay」です。


    Apple Payを利用するには、まず、Passbookでクレジットカードを撮影して、カードの情報をスキャンします。すると、カード会社に照会をかけてクレジットカードの情報がPassbookに保存されるとのこと。


    対応するカードはVISA、MasterCard、アメリカン・エクスプレスとなっています。

    支払い時は、Touch IDに触れながらiPhoneを決済リーダーにかざすだけ。iPhoneが小さなビープ音とバイブレーションを振動させて決済が完了したことを知らせてくれるようです。

    また、「Apple Pay」はApple Watchにも対応し、ボタンをダブルクリックしてApple Watchをリーダーにかざすと決済が可能になるようです!ポケットに入ったiPhoneを取り出さずに決済できるのは結構便利かもしれませんねー。

    対応アプリでも使える「Apple Pay」

    アプリで商品の購入したいときってありますよね。タクシーを配車してくれるUBERとか、商品を購入できるアプリとか。

    対応アプリでは「Apple Pay」を使ってワンタップで決済が可能になるとのこと!


    セキュリティも強固な「Apple Pay」

    iPhoneのカメラでクレジットカードの情報を読み取ることができる「Apple Pay」ですが、不安なのはセキュリティですよね。

    こちらもかなり強固にできていて、読み取ったカード番号などの情報はアップルには保存されずにユニークな番号としてiPhoneやApple Watchのセキュリティが強固な場所に保存されるようです。つまり、アップルから情報が漏れ出ることはないとのことです。

    また、iPhoneやApple Watchを紛失した場合には、「iPhoneを探す」機能を使って、iPhoneやApple Watchに保存されたクレジットカードの情報を遠隔で削除できるとのこと。


    実店舗やオンラインでも使える「Apple Pay」

    「Apple Pay」が利用できる店舗としてマクドナルやサブウェイ、トイザらスなどが紹介されました。


    また、オンラインショップでは、ディズニーストアやMLB、スターバックスなどにも対応するようです。


    「Apple Pay」は、10月からアメリカ国内で提供

    「Apple Pay」は、2014年10月からアメリカ国内のみで対応となります。

    残念ながら日本での対応は発表されていませんが、順次対応地域を増やしていくことが発表されました!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Appleニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー