bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • NTTドコモ
  • NTTドコモ、WM6搭載スマートフォン2機種を発表。

  • NTTドコモは8月30日に富士通製の「F1100」(画像左)とHTC製の「HT1100」(画像右)を発表しました。

    F1100は、OSにWindows Mobile 6 Standardを採用し、HSDPAと無線LANに対応したスマートフォンです。またボディはスマートフォンというよりも携帯電話風となっており、厚さは16.9mmと普通の携帯電話よりも薄くなっています。

    HT1100は、OSにWindows Mobile 6 professionalを採用し、HSDPAやYouTube Mobileに対応しています。また、液晶はタッチパネルで3Dキューブメニューを回転させて操作する「TouchFLO」を搭載しています。TouchFLOは、指を上下左右にスライドさせることでスタイラスを使わずにメニューの呼び出し、切り替え、電話帳、マルチメディアコンテンツへのアクセス、アプリケーションの起動、ブラウザやメール画面、フォトアルバムでは、指でのスクロールが可能となる機能となってます。

    どちらも携帯電話と見分けが付かないぐらいデザインがケータイっぽいです。

    F1100のスペック

    ■サイズ
    ・112mm×51mm×16.9mm

    ■重さ
    ・約130g

    ■メインディスプレイ
    ・約 2.6インチ
    ・240×320ピクセル
    ・半透過TFT液晶
    ・65,536色

    ■サブディスプレイ
    ・なし

    ■メインカメラ
    ・有効画素数約131万CMOSカメラ

    ■連続待ち受け時間
    ・約500時間(目標)

    ■連続通話時間
    ・約160分(目標)

    ■OS
    ・Windows Mobile 6 Standard

    ■プリセットアプリケーション
    ・Internet Explorer Mobile
    ・Outlook Mobile
    ・Windows Media Player 10 Mobile
    ・バーコードリーダ

    ■備考
    ・Bluetooth
    ・無線LAN(IEEE802.11a/b/g準拠)

    ■外部メモリ
    ・microSDカード

    ■ボディカラー
    ・ダークワイン

    HT1100のスペック

    ■サイズ
    ・107mm×55mm×16.5mm

    ■重さ
    ・約120g

    ■メインディスプレイ
    ・約 2.6インチ
    ・240×320ピクセル
    ・TFT液晶
    ・65,536色

    ■サブディスプレイ
    ・なし

    ■メインカメラ
    ・有効画素数約200万CMOSカメラ

    ■サブカメラ
    ・有効画素数約10万CMOSカメラ

    ■連続待ち受け時間
    ・3G:約270時間(静止時)
    ・GSM:約240時間(静止時)

    ■連続通話時間
    ・3G:約160分
    ・GSM:約170分

    ■OS
    ・Windows Mobile 6 professional

    ■プリセットアプリケーション
    ・Internet Explorer Mobile
    ・Outlook Mobile
    ・Office Mobile
    ・Windows Media Player 10 Mobile
    ・オーディオプレーヤー
    ・FMラジオ
    ・ストリーミングメディア
    ・HTC HOME

    ■備考
    ・GSM/GPRS/W-CDMA

    ■外部メモリ
    ・microSDカード

    ■ボディカラー
    ・Smart Black
    ・Pearl White
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー