bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2015-05-29 04:24:19
  • トップページ
  • Android
  • Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ
  • Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    Google I/O 2015にて発表された「Android M」ですが、早速、開発者向けの先行提供版となる「Android M Developer Preview」が公開されました。

    「Android M Developer Preview」のインストール方法とダウンロード先を紹介しておきます。

    「Android M Developer Preview」の対応機種

    「Android M Developer Preview」をインストールできる機種は、Nexus 5、Nexus 6、Nexus 9、Nexus Playerの4機種となっています。Nexus 4やNexus 7にはインストールできません。

    「Android M Developer Preview」のダウンロード先はここ

    「Android M Developer Preview」は以下のリンク先から入手することができます。

    • Downloads | Android Developers

    リンク先にアクセスしたら、「Hardware System Images」の欄に移動して、Android MをインストールしたいNexusデバイスのリンクをクリックします。

    Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    すると、利用規約が表示されるので、確認後「I have read and agree with the above terms and conditions」にチェックを入れて、青色のダウンロードボタンをクリックしましょう。

    Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    「Android M Developer Preview」のインストール方法

    Android Mのダウンロードが完了したら、ファイルを解凍します。

    Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    すると、イメージファイルやバッチ、スクリプトが展開されるはずです。

    Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    Android Mをインストールデバイスにて、設定画面を起動し、「端末情報」に進んで、「ビルド番号」何回か連続でタップします。

    Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    さらに、設定画面から「開発者向けオプション」に進んで、「USBデバッグ」にチェックを入れます。

    Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    インストールするNexusデバイスとPCを接続して、Macならターミナル、Windowsならコマンドプロンプトにて「adb reboot bootloader」を実行して、Nexusデバイスのブートローダーを起動します。

    Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    次に「fastboot oem unlock」を実行します。このコマンドを実行すると共に端末が初期化されるのでご注意を。後から復元するのであれば、バックアップなどを取ってからやりましょう。

    ターミナルまたはコマンドプロントにて、cdコマンドを実行して、解凍したAndroid Mのファイルまで移動したら、「flash-all」スクリプトを実行します。

    Macなら先ほど解凍したファクトリーイメージ内に含まれる「flash-all.sh」をCommand + Cでコピーした後、ターミナルを起動してCommand + Vで貼り付けた後、Enterを押すと、ファクトリーイメージによるアップデートが開始されます。

    Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    Windowsならflash-all.batをダブルクリックでもOKのはず。

    Android M Developer Previewが公開――インストール方法とダウンロード先はここ

    これでAndroid M Developer Previewのインストールが始まります。仕上げにセキュリティ面を考慮して、再度ブートローダーでNexusデバイスを起動したら「fastboot oem lock」を実行しておきましょう。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Androidの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー