2016-05-11 10:40:32
  • トップページ
  • NTTドコモ
  • ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月19日から発売
  • ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    NTTドコモが2016年夏モデルとしてスマートフォン5機種、タブレット1機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の合計7機種を発表しました。

    ドコモ2016年夏モデル7機種を発表

    ドコモが2016年夏モデルとして発売するのは、「Galaxy S7 edge SC-02H」、「Xperia X Performance SO-04H」、「AQUOS ZETA SH-04H」、「Disney mobile on docomo DM-02H」、「arrows SV F-03H」のスマートフォン5機種と、「arrows Tab F-04H」のタブレット1機種、「Wi-Fi STATION HW-01H」のモバイルルーター1機種。ドコモのリリースはこちら。

    Galaxy S7 edge SC-02H

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    Xperia X Performance SO-04H

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    AQUOS ZETA SH-04H

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    Disney mobile on docomo DM-02H

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    arrows SV F-03H

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    arrows Tab F-04H

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    Wi-Fi STATION HW-01H

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    ドコモ2016年夏モデルの発売日

    2016年夏モデルの発売日は、「Galaxy S7 edge SC-02H」が一番最初の5月19日(木)に発売され、「Xperia X Performance SO-04H」が6月中旬に発売されます。

    • Galaxy S7 edge SC-02H:5月19日
    • AQUOS ZETA SH-04H:6月上旬
    • Xperia X Performance SO-04H:6月中旬
    • arrows SV F-03H:6月下旬
    • Wi-Fi STATION HW-01H:6月下旬
    • Disney mobile on docomo DM-02H:7月上旬
    • arrows Tab F-04H:7月下旬

    さらに高音質な「VoLTE(HD+)」に対応

    ドコモは、2016年夏モデルの一部機種において、国内初となる通話サービス「VoLTE(HD+)」を5月19日より開始します。

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    「VoLTE(HD+)」は、現在提供中のVoLTEより、さらに高音質な肉声に近いクリアな音声で利用できる通話機能。音質はFMラジオ相当とされています。

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    なお、「VoLTE(HD+)」が利用できるのはドコモの対応端末同士のみで、一方が3Gエリアに移動した場合、従来の音声通話に切り替わり、対応エリアに戻っても「VoLTE(HD+)」に切り替わりません。

    対象機種は、「Galaxy S7 edge SC-02H」「AQUOS ZETA SH-04H」「Xperia X Performance SO-04H」の3機種。

    タップレスで応答・発信・切断・消音・拒否ができる「スグ電」

    2016年夏モデル4機種が対応する「スグ電」は、タッチ操作することなく音声通話を利用できる新機能。

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    従来のスマートフォンでは、電話をかけるのにロック解除→通話ボタンタップ→連絡先の選択→発信といった4ステップ必要でしたが、「スグ電」では振って耳に当てるだけの最短2ステップで音声通話を利用することができます。(スマホを当てる左右の耳に応じて通話先を変更できる)

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    また、着信中にスマートフォンを耳に当てるだけで応答、通話中にスマートフォンの画面を下向きにした状態で置くと通話の終了、着信中にスマートフォンの画面を下向きにした状態で置くと着信音を消音または拒否することができます。

    スマホとタブレットの使いこなすためのヒントを表示する「おすすめ使い方ヒント」

    2016年夏モデル6機種が対応する「おすすめ使い方ヒント」は、端末の利用状況からスマホやタブレットを快適に使うためのヒントを表示する新機能。例えばWi-Fiの接続設定に迷っているとヒントが表示されます。

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    表示されるヒントは、電話による問い合わせ、サポートサイトのデータを元に配信されるとのこと。

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    なお、「おすすめ使い方ヒント」を利用するには初期設定が必要となるため、ヒントが不要な場合はこれまでどおり利用することが可能。

    国内最速、下り最大375Mbpsの「PREMIUM 4G」

    「Galaxy S7 edge SC-02H」「Xperia X Performance SO-04H」の2機種が、800MHz/1.7GHz/2GHzの3帯域のキャリアアグリゲーションによって下り最大375Mbpsの高速データ通信に対応します。

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    また、モバイルWi-Fiルーターの「Wi-Fi STATION HW-01H」は、新しい周波数帯3.5GHzを利用したTDD-LTE/FDD-LTEのキャリアアグリゲーションで下り最大370Mbpsの高速データ通信を利用することができます。

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    なお、下り最大375Mbpsの対応エリアは、山手線 新宿駅周辺・栄・USJの3ヶ所、下り最大370Mbpsは、東名阪の一部エリアのみ対応となります。

    ドコモ、2016年夏モデルを発表。Xperia X / Galaxy S7など5月中旬から発売

    ドコモオンラインショップで予約受付がスタート

    ドコモオンラインショップではすでに予約受付が開始されています。以下のリンク先から予約が可能です。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー