2016-01-14 10:39:36
  • トップページ
  • NTTドコモ
  • ドコモ、11GBを月額6,200円で使える「ドコモの学割」を発表
  • ドコモ、11GBを月額6,200円で使える「ドコモの学割」を発表

    NTTドコモが「ドコモの学割」を発表しました。基本使用料が1年間・毎月800円割り引かれるほか、3年間・毎月5GBのデータ通信量がプレゼントされます。

    また、「U25応援割」との重複適用も可能、学割とU25応援割を適用すると1年間・毎月1,300円の割引と3年間・毎月6GBのデータ通信量がプレゼントされます。

    「ドコモの学割」の割引料・データ量プレゼント・適用条件まとめ

    ドコモは、1月21日(木)から「ドコモの学割」を提供します。受付期間は2016年5月31日(火)まで。

    ドコモが提供する「ドコモの学割」の特典は2つ。1つは、データ通信量が毎月5GBプレゼントされる「データ量のプレゼント」、2つ目は1年間、毎月800円を割り引く「基本使用料の割引」です。前述したとおり「U25応援割」との同時適用が可能なため、データ通信量は最大6GB、基本使用料の割引は最大1,3000円の割引となります。

    学割の適用条件

    「ドコモの学割」の適用条件は、契約者が25歳以下であること。新規契約・MNP・機種変更(利用期間が18ヶ月以上)で対象のスマートフォンを購入することとなっています。

    また、「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン」のいずれかの基本プランと「データM/Lパック」「シェアパック15/20/30」のいずれかのパケットパックに加入する必要があります。

    特典1:データ量のプレゼント

    データ量のプレゼントは、「ドコモの学割」によって3年間・毎月5GB、「U25応援割」によって26歳の誕生月まで毎月1GBがプレゼントされます。

    最大で毎月6GBがプレゼントされますが、学割の加入から3年が経過すると、プレゼントされるデータ通信量が1GBに減ってしまうので注意が必要です。

    データ量は家族とシェアして利用することが可能です。

    特典2:基本使用料の割引

    基本使用料の割引、「ドコモの学割」によって1年間・毎月800円が割り引かれ、「U25応援割」によって26歳の誕生月まで毎月500円が割り引かれます。

    最大で毎月1,300円の割引が適用されますが、こちらも学割の加入から1年が経過すると、割り引かれる料金が1,300円から500円に減額されるので注意が必要です。

    また、「カケホーダイライトプラン」の場合は、「U25応援割」による毎月500円の割引が適用されません。

    学割適用後の料金とデータ容量まとめ

    「ドコモの学割」と「U25応援割」を適用した後の月額料金とデータ容量は以下のとおりです。

    適用前適用後
    カケホーダイプラン
    (スマホ/タブ)
    2,700円1,400円
    カケホーダイライトプラン1,700円900円
    データMパック5GB
    (5,000円)
    11GB
    (5,000円)
    データLパック8GB
    (6,700円)
    14GB
    (6,700円)
    シェアパック1515GB
    (12,500円)
    21GB
    (12,500円)
    シェアパック2020GB
    (16,500円)
    26GB
    (16,500円)
    シェアパック3030GB
    (22,500円)
    36GB
    (22,500円)

    以上の料金に加えて、パケットパックの料金とインターネット接続料がかかります。「データMパック」の場合、月額900円のカケホーダイライトプランと月額300円のspモードに加入すると、11GBを月額6,200円から利用可能。カケホーダイプラン(スマホ/タブ)の場合は6,700円となります。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー