「MONO MO-01J」フォトレビュー

ガラスで高級感を演出するボディ

「一括648円」と聞いて、どんなにチープなデザインなのか気になる人もいるでしょう。しかし、裏表を強化ガラス「ゴリラガラス3」でサンドイッチされたガラス仕上げのボディは思いのほか安っぽさを感じないデザインになっていました。

ボディカラーはホワイト、ブラックの2色。ブラックは指紋が目立ちますが、ホワイトは触っても指紋が目立ちにくくなっています。

一括648円、ドコモ初のオリジナルスマホ「MONO MO-01J」フォトレビュー

一括648円、ドコモ初のオリジナルスマホ「MONO MO-01J」フォトレビュー

カメラは1,330万画素。HDRやパノラマ撮影を楽しめます。

ディスプレイ、「MONO MO-01J」フォトレビュー

背面左下に配置されているのはスピーカーホール。ZTE製のスマートフォンでは背面にスピーカーを備えているものが多いです。

一括648円、ドコモ初のオリジナルスマホ「MONO MO-01J」フォトレビュー

ザ・プラスチックなサイド

サイドの素材はプラスチック。プラスチッキーではなく、ザ・プラスチックな仕上がり。ただ、サイドに配置される電源キーとボリュームキーはマットなアルミニウムを使用することで安っぽさを感じさせないデザインに。

サイドには利便性を考慮してストラップホールのほか、iPhoneのようなマナーモードスイッチを備えています。オン時の色も同じオレンジ。通常はボリュームダウンキーを連打または長押しするか設定等から有効にする必要がありますが、スイッチによって一発でオンにできます。

一括648円、ドコモ初のオリジナルスマホ「MONO MO-01J」フォトレビュー

底面に配置されるのはキャップレスのmicroUSB、「MONO MO-01J」はIPX5/7の防水に対応していてキャップレス防水になっています。

一括648円、ドコモ初のオリジナルスマホ「MONO MO-01J」フォトレビュー

フロント、サイド、リアまで一色仕上げのボディカラー

ボディカラーは背面はホワイトでフロントはブラックといったツートンカラーではなく、一色仕上げ。プラスチックなサイド部は使っているうちにキズや汚れなどが目立つかもしれません。

ディスプレイ、「MONO MO-01J」フォトレビュー

フロントに搭載されるディスプレイは4.7インチ/HD液晶。サイド部が湾曲しているため手になじみ、横幅が69mmとコンパクトなので片手でカンタンに操作ができるほか、ポケットにも収まりやすいサイズになっています。

まとめ

ドコモが謳っている高級感まではさすがに感じなかったものの、「一括648円」でこのデザインと質感ならば文句ナシでしょう。子どもやお年寄りなど初めてスマートフォンを使う人向けのモデルということで、マナーモードスイッチやストラップホールを備えているのも高評価。

ただし、機能面ではおサイフケータイに非対応というのが注意点になっています。モバイルSuicaを愛用している人は残念ながら購入対象にはならないでしょう。中学生や小学生に持たせる初めてのスマートフォンならばオススメできるかもしれません。

「MONO MO-01J」の発売日は12月上旬。クリスマスプレゼントにどうでしょうか。ドコモオンラインショップでは既に予約受付が開始しています。

価格:32,400円
端末購入サポート:-31,752円
実質支払金:648円
※機種変更時の価格
この記事も読まれてます!

コメントを残す

(任意)
(任意)