Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mobilelaby/mobilelaby.com/public_html/wp/wp-content/themes/mobilelaby_ver2/functions-single.php on line 710

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mobilelaby/mobilelaby.com/public_html/wp/wp-content/themes/mobilelaby_ver2/functions-single.php on line 710

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mobilelaby/mobilelaby.com/public_html/wp/wp-content/themes/mobilelaby_ver2/functions-single.php on line 710

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mobilelaby/mobilelaby.com/public_html/wp/wp-content/themes/mobilelaby_ver2/functions-single.php on line 710

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mobilelaby/mobilelaby.com/public_html/wp/wp-content/themes/mobilelaby_ver2/functions-single.php on line 710

KDDI、Wiiポイントを購入できるサービスを発表。

bio
Yusuke Sakakura

KDDI、Wiiポイントを購入できるサービスを発表。


KDDIは、auのケータイを利用して任天堂から発売されている「Wii」の「Wiiポイント」を購入できるサービスを発表しました。

支払いは毎月の携帯電話利用料とショッピング代金を合算して決済できる「まとめてau支払い」にて行われます。

Wiiポイントは、ファミコンやスーパーファミコン、Nintedo64など懐かしのゲームをダウンロードする際に必要となるポイントです。なお、来年の3月からは店頭で販売されないWii専用ソフトをダウンロードできる「Wiiウェア」が開始され、この時のソフトのダウンロード時もWiiポイントが必要となります。

これはちょっと便利ですね。

販売されるのは、1000ポイント(1000円)、2000ポイント(2000円)、3000ポイント(3000円)の3通り。まとめて購入することはできませんが何度か購入手続きを繰り返すことで上限額まで購入することが可能です。

ちなみに、Wiiポイントの購入方法はこれまでゲームを取り扱う店舗やコンビニで「Wiiポイントプリペイドカード」を購入するか、Wii上でのクレジットカード払いの3通りでしたがクレジットカードを持っていないユーザーはわざわざWiiポイントを買いにいかなければいけませんでしたが、今回KDDIが発表したサービスによってクレジットカードを持たないユーザーでも外出しないでWiiポイントの購入が可能となりました。

購入サイトへのアクセスは、「カテゴリ検索」→「EZサービスで探す」→「ゲーム・便利コンテンツ」の「Wiiポイント番号販売」

Wii(「Wiiリモコンジャケット」同梱)
Wii(「Wiiリモコンジャケット」同梱)

Wii ポイント プリペイドカード 1000
Wii ポイント プリペイドカード 1000

Wii ポイント プリペイドカード 3000
Wii ポイント プリペイドカード 3000

Wii ポイント プリペイドカード 5000
Wii ポイント プリペイドカード 5000

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mobilelaby/mobilelaby.com/public_html/wp/wp-content/themes/mobilelaby_ver2/functions-single.php on line 710

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています