H11T – ワンセグやHSDPA、3.2Mカメラを搭載。

bio
Yusuke Sakakura

H11T – ワンセグやHSDPA、3.2Mカメラを搭載。


東芝製の「H11T」は、薄さ17.9mmというスリムなボディにワンセグや3.2Mオートフォーカス対応のカメラ、Bluetoothを搭載。

スリムなボディは折りたたみとなっており、メインディスプレイには2.8インチのWQVGA液晶を採用。ワンセグは外部メモリにも録画が可能となっています。

このほかに赤外線通信や電子辞書、GPS機能などを搭載しています。

SH905iみたいなデザインですね。

H11Tのスペック。

■サイズ
・約50×104×17.9mm

■重さ
・約130g

■メインディスプレイ
・2.8インチ
・WQVGA表示対応

■サブディスプレイ
・-

■メインカメラ
・有効約324万画素CMOSカメラ
・手ブレ軽減機能
・オートフォーカス対応

■連続待ち受け時間
・350時間

■連続通話時間
・160分

■外部メモリ
・microSDカード(最大2GBまで対応)

■付属品
・ACアダプタ
・卓上ホルダ
・イヤホンマイク
・USBケーブル

■ボディカラー
・ホワイト
・ブルー
・ピンク
・ブラック

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています