bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

SleipnirのiPhone版が登場?

iPhone
SleipnirのiPhone版が登場?
昨日お伝えした「ケータイ向けのFirefox「Fennec」の概要が明らかに。」という記事でSDKの問題でFennecのiPhone対応は難しいと聞いて落ち込んだiPhoneユーザーもいたのではないでしょうか。

しかし、Firefoxと同じタブブラウザとして有名なSleipnirを開発しているフェンリルがiPhone 向けネイティブアプリケーション開発に参入すると発表しました。

Sleipnirなのかそれとも他のアプリなのかは不明。

フェンリル、iPhone 向けネイティブアプリケーション開発に参入

フェンリルのリリースによれば、フェンリルが掲げる「Software provides Happiness」と「Software meets Design」といった2つのミッションを実現するためにはiPhone向けのネイティブアプリケーション開発を行うことが必要としiPhone向けアプリケーションの開発に参入するようです。

既にいくつかのフェンリル製アプリケーションや共同開発アプリケーションの開発が進行しており、年内もしくは2009年早々には提供できるとのこと。

まだ、具体的に何を開発しているということは明らかにしていませんが、リリースの頭の方でSleipnirやGrani、Portable SleipnirとiPhoneを絡めているので恐らくiPhone版のwebブラウザを開発しているのではないかと思います。

既にiPhone用のページも開設されています。
Apps on iPhone

僕は、Portable Sleipnirを結構使っているんですがとにかくレスポンスが速いことが好印象ですね。
しかし、気になるのは落ちやすいこと。よくiPhoneに標準搭載されているSafariが落ちやすいと聞きます。iPhoneユーザーが最も欲しているポイントはそこだと思うので重点的に開発してほしいですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています