bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

イー・モバイル、日本初のHSUPA対応端末「D21NE」を発売。

ワイモバイル
イー・モバイル、日本初のHSUPA対応端末「D21NE」を発売。
イー・モバイルは、PCカード型データ通信端末「D21NE」を12月5日(金)に発売すると発表しました。

「D21NE」は、国内初のHSUPA対応モデル。下り最大7.2Mbps、上り最大1.4Mbpsの通信速度を実現することができます。

上り速度が変わると何が変わるのか説明します。

上り速度が変われば何が変わるのか。

イー・モバイル、11月20日にHSUPAを国内初導入へ。」という記事を書いた時に以下の様なコメントが寄せられました。
上り最大1.4Mbpsてそんなに早いんですか??
上がりが早いと普通にネットサーフィンをするうえで、
今までと一番変わってくる点は何ですか?

わかりやすいように下り速度から説明します。下り速度は、携帯電話を購入する際に検討項目に入れる人も多いため皆さんおわかりだと思います。下り速度が上がれば画像や動画、音楽などをダウンロードできる速さが速くなり、ダウンロードにかかる時間が短くなるわけです。

次に上り速度について。下り速度と逆の考え方をすればいいわけです。つまり、上り速度が上がれば画像や動画、音楽などをアップロードできる速さが速くなり、アップロードにかかる時間が短くなるわけです。
例えば、相手に動画や画像、音楽を添付したメールを送る時、YouTubeやニコニコ動画に動画を投稿する時など相手に大容量のデータを送信する際の時間が短くなります。

上り最大1.4Mbpsがそんなに速いの?と聞かれるとちょっと答えづらいのですが、これまでの通信規格は上り最大364kbpsまでしか対応していなかったのですから単純に考えれば約36倍速くなっています。
しかし、実感できるかと言われればそうでは実際に36倍の速度も出ません。何倍という数字を明確にするには、イー・モバイルの回線の質やトラフィックなど様々な事象を検討しなければいけません。

D21NEのスペック。

■サイズ
・約54×8×110mm

■重さ
・約50g

■形状
・USB

■対応通信規格
・W-CDMA
・HSPA(下り最大7.2Mbps/上り最大1.4Mbps)

■対応OS
・Windows Vista 32bit、64bit
・Windows XP Professional / Home edition Service Pack 2以降

■ボディカラー
・ホワイト

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/04/25
任天堂、新作アプリ「マリオカートツアー」のテスト参加者を募集

PayPay

2019/04/25
PayPay、月替りでおトクなキャンペーン「ワクワクPayPay」を6月から実施〜LINE Payに対抗

PayPay

2019/04/25
PayPay、還元率を6倍の最大3%にアップへ。新しいくじ「PayPayチャンス」も

AirPods

2019/04/25
AirPods 3、新デザイン採用で早ければ2019年末に発売か
Recommendこんな記事も読まれています