bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、FOMAらくらくホンⅢを発表

NTTドコモ
らくらくホン

NTTドコモは使いやすさを追求した「ユニバーサルデザイン」のらくらくホンⅢを発表した。

前モデルのらくらくホンⅡ(F881iES)は携帯売れ行きランキング(55月24日付け)首位を獲得しており、近作も十分期待できる。


「iチャネル」にも対応しており、最新のニュースもチェックできるようになっている。ここにも使いやすさ、見やすさが施されていて大きな文字でニュースがチェックできるようになっている。

緊急事態を知らせる「ワンタッチアラーム」を搭載。
ワンタッチアラームは自分の居場所を大音量で知らせる機能。
ワンタッチアラームを作動させた約30秒後には、あらかじめ設定してある相手に「○○さんがアラームを鳴らしています」という音声電話を自動発信する。
これによって小さい子供に持たせることでも安心です。


まだまだ使いやすい機能が満載のらくらくホンⅢ!
他にも明るさ自動調整液晶を搭載。
周囲の明るさを感知して、液晶画面を明るさに応じた輝度に自動調整する光センサーを搭載し、明るい場所では液晶の輝度を上げて明るく見やすく、暗い場所では輝度を落とすなど、いつでも液晶画面を見やすく調整する機能。

通話の際に役立つ着信音量自動アップ機能を搭載。
周囲の騒音をマイクが感知すると、着信音量が自動的にアップする機能です。

スペックまとめ。

■サイズ
・高さ 104mm×幅 50mm×厚さ 19.5mm

■重さ
・約113g

■連続待ち受け時間
・約460時間

■連続通話時間
・約140分

■メインディスプレイ
・2.4インチ(240ドット×320ドット)
・QVGA TFT液晶
・262,144色

■サブディスプレイ
・1.2インチ(64ドット×64ドット)
・STN モノクロ液晶

■アウトカメラ
・CMOSカメラ
有効画素数:約130万
記録画素数:約120万

■インカメラ
・CMOSカメラ
有効画素数:約11万
記録画素数:約10万

■外部メモリ
miniSDカード

■ボディカラー
・ゴールド
・ピンク
・ブラック


着信音量自動調整機能なんかはハイエンドモデルにも絶対使えますよね。
ワンタッチアラーム機能などは子供に持たせることによってあんしんですし、今回のモデルも前モデルのように売れ行きランキングで首位になれるか注目ですね^^♪

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterの使い方

2019/11/22
Twitterで2段階認証を設定・オフにする方法

Twitterニュース

2019/11/22
Twitter、2段階認証で電話番号の登録不要に。番号の削除にも対応

セール

2019/11/22
Amazon、日本初のブラックフライデーセール開始〜注目商品まとめ

iOS

2019/11/22
Apple、「iOS 14」は品質向上に注力。不具合だらけのiOS 13から改善
Recommendこんな記事も読まれています