bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au、2009年夏モデルとして8機種を発表!

au
au、2009年夏モデルとして8機種を発表!
auが2009年夏モデルとして8機種を発表しました!

biblio – 本棚をケータイで持ち歩ける
Sportio water beat – 今度のSportioは防水仕様
Mobile Hi-Vision CAM Wooo – ハイビジョンムービーカメラを搭載
SOLAR PHONE SH002 – ウォータープルーフ&ソーラーケータイ
G’z One CA002 – スタイリッシュなタフネスケータイ
T002 – グローバル&ウォータープルーフモデル
K002 – 極薄スリムワンセグケータイ

簡単ケータイ K003 – あらゆる操作に使いやすさを追求

個性的な端末が揃いました!

これまでにauになかった薄型ケータイ、K002
これまでのauの携帯電話といえば、ハイスペックモデルだったり薄型に有利なストレート端末だったりしたんですが、今回の薄型モデルであるK002はハイスペックでもなく、ストレートでもないのに薄さ10.9mmとなっています。

こういう端末というのはNTTドコモやソフトバンクモバイルに多く見られたのですが、auでは初めてではないでしょうか?

デザインもスタイリッシュでカッコイイんですが、パーツの隙間から光る「スリットイルミネーション」がまたこのボディに合ってるんですよね。

話しは逸れますが、間接照明の様なイルミネーションって携帯電話で表現できないんですかね?あればカッコいいなーと思うんですけど。

格段に良くなった2009年夏モデル。
今回のauの夏モデルですが、目的や狙いが他キャリアよりはっきりしていますね。一言で言うならば原点回帰でしょうか。

僕がまだNTTドコモの携帯電話を使っていた頃、auのイメージといえば「キワモノ」という感じでした。しかし、それでもどこか個性的且つ実用的でカッコよかったんですよね。「INFOBAR」とか「W21S」とか。

今回の夏モデルはそれらの域には達していないものの、個性的で実用的な端末が揃っている様な気がします。

これまでのauの端末は、原点に戻ろうとしていたものの、ただ個性的なだけでユーザーのニーズに応えられてない感じがしましたが、今回はいつもよりユーザーのニーズに応えられた様な気がします。(まぁ前モデルまでが酷かったのかもしれませんが・・・)

ユーザーが満足するまで、あともう一歩なんですが何が足りないのでしょうか?

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2020/10/27
AirPods Studio、ヘッドバンドに問題発生で延期。交換不可に?

AirPods

2020/10/26
AirPods 3、短いステム(うどん)に変更か。AirPods Pro 2はステム廃止の噂

NTTドコモ

2020/10/26
ドコモ、2020-2021冬春モデルを11月5日に発表。Xperia 5 IIなど登場か

iPhone 12

2020/10/26
MagSafe充電器、ケースに跡が付く可能性。人気のウォレットケースは外す必要あり
Recommendこんな記事も読まれています