bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTTドコモ、iモードのJavaScript機能を再提供。

NTTドコモ
NTTドコモ、iモードのJavaScript機能を再提供。
NTTドコモは、iモードブラウザのJavaScript機能を10月27日から順次ソフトウェアアップデートにより再提供すると発表しました。

NTTドコモは2009年夏モデルのiモードブラウザにJavaScript機能を搭載したものの、不具合が発見され、端末の発売を中止し、既に発売した端末についてはソフトウェアアップデートにより機能を無効化するなどの措置を行っていました。

対象機種は14機種となっています。

ドコモ、iモードブラウザのJavaScript機能を再有効化 – ケータイ Watch

10月27日(火)からソフトウェアアップデートが提供されるのは「SH-05A」と「SH-06A」、「SH-06A NERV」の3機種となっており、それ以外の「F-08A」「N-08A」「P-08A」「SH-08A」「F-09A」「N-06A」「N-07A」「P-07A」「N-09A」「P-09A」「SH-07A」の11機種は11月中を目処に順次ソフトウェアアップデートが提供されます。

iモードブラウザがJavaScriptに対応するとなると色々とまた楽しくなりそうですね~。

ちなみに、JavaScriptの対応概要は以下のサイトを参考にしてください。
作ろうiモード:iモードブラウザ2.0対応JavaScriptについて | サービス・機能 | NTTドコモ

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
「iPhone XS」でバッテリー残量をパーセント表示する方法

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」を買ったら設定しておきたいこと11のこと

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りを見直し 「半額サポート」の改定を発表
Recommendこんな記事も読まれています