NTTドコモ、パケホーダイとBizホーダイを統合へ。

NTTドコモ

NTTドコモ、パケホーダイとBizホーダイを統合へ。


NTTドコモは、「Bizホーダイ ダブル」を「パケホーダイ ダブル」と統合し、「Bizホーダイ シンプル」を「パケホーダイ シンプル」と統合すると発表しました。

これにより、iモードのみのパケット通信は月額4410円、スマートフォンを使用すると月額5980円、PCを使用すると月額1万3650円となります。

SIMフリーのスマートフォンは、PC扱い?

ドコモからのお知らせ : パケ・ホーダイ ダブル/Biz・ホーダイ ダブル及びパケ・ホーダイ シンプル/Biz・ホーダイ シンプルの統合のお知らせ | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモは4月1日(木)から「Bizホーダイ ダブル」を「パケホーダイ ダブル」と統合し、「Bizホーダイ シンプル」を「パケホーダイ シンプル」と統合すると発表しました。

これまでは、「パケホーダイ ダブル」を契約し、スマートフォンでパケット通信を行った際の上限額は月額1万3650円でしたが、4月1日からは月額5980円で利用することができます。なお、PCでパケット通信を行った際の上限額は1万3650円となっています。

なお、スマートフォンでパケット通信を行った際の上限額を月額5980円で利用するには、スマートフォン定額対応アクセスポイントに利用する必要がありますが、これは恐らくNTTドコモから発売されているスマートフォンのみしか利用できません。
実際「Nexus One」でもスマートフォン定額対応アクセスポイントを利用する事ができず、月額1万3650円となっています。

また、4月1日時点で「Biz・ホーダイ ダブル」を契約しているユーザーは「パケ・ホーダイ ダブル」に、「Biz・ホーダイ シンプル」をご契約のお客様は「パケ・ホーダイ シンプル」に自動的に移行されます。

携帯電話とスマートフォンを同時に月額5980円という低価格で利用する事ができるというのはスゴイ・・・。
恐らく今の所はSIMを入れ替えたりしなければパケット通信を行う事が出来ないのですが、これが片方にSIMだけ入れておけばもう片方の端末にSIMを入れなくてもパケット通信を行える仕組みが出来ればとても便利ですね。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2021/03/05
Twitter、ツイートの送信取り消し機能を開発中

au

2021/03/05
povoの対応機種は全189。iPhone 6sやSIMフリースマホなど追加発表

ソフトバンク

2021/03/04
LINEMO、1年限定割引でahamo対抗。音声定額を月500円割引

NTTドコモ

2021/03/04
ahamo、DAZN for docomoの割引継続。月額980円
Recommendこんな記事も読まれています