NTTドコモ、2010年2月の携帯電話純増数1位に!

NTTドコモ

NTTドコモ、2010年2月の携帯電話純増数1位に!


携帯電話事業者協会(TCA)が2010年2月末時点の携帯電話とPHSの契約数を発表しました。


TCAの発表によると、NTTドコモが14万8300件、ソフトバンクモバイルが14万5800件、auが12万1400件、イーモバイルが7万3100件となりNTTドコモが2009年7月以来純増数でトップに立ちました。

NTTドコモのシェアは49.94%。

事業者別契約数(2010年02月末現在)|社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

携帯電話の累計契約数は1億1151万5200件となりました。その内第3世代携帯電話は1億769万3400件となっています。
MNPの利用件数はソフトバンクモバイルが1万5500件、auが5500件、イーモバイルが-300件、NTTドコモが-2万800件となりました。

NTTドコモは純増数でトップに立ったものの、MNPで今回も転出超過となりました。ユーザー出入りが激しい状態となっています。今後歯止めとなるような機種、サービスに期待したいですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2021/01/16
iPhone 13、一部モデルでLightning廃止の噂。USB-Cも搭載せず

iPhoneの噂・最新情報

2021/01/16
Apple、折りたたみiPhoneの開発に着手。発売は何年も先?

Galaxyの噂・最新情報

2021/01/15
Galaxy S21の比較・発売日・新機能・価格・スペックまとめ

au

2021/01/15
武田総務大臣、auのpovo“最安値”に非常に紛らわしい、結局他社と同じ値段と批判
Recommendこんな記事も読まれています