LYNX SH-10B – QWERTYキーボード搭載のAndroid。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:24

LYNX SH-10B – QWERTYキーボード搭載のAndroid。


NTTドコモの2010年夏モデルであるシャープ製の「LYNX SH-10B」は、OSにAndroid 1.6を採用し、QWERTYキーボードを搭載したスマートフォン。

「LYNX SH-10B」は、メインディスプレイに5.0インチのFWVGA表示対応のタッチパネル対応ディスプレイを採用。タッチパネルは静電容量式で一部機能がマルチタッチをサポートしています。

入力デバイスとしてQWERTY式パンタグラフキーボードとトラックボールを採用しています。

DLNAサーバー機能をサポート。

LYNX SH-10Bの発売日。
・2010年7月発売予定

LYNX SH-10Bのスペック。
■サイズ
・約148×83×17.8mm

■重さ
・約230g

■メインディスプレイ
・約 5.0インチ
・960×480ドット
・フルワイドVGA
・NEWモバイルASV液晶
・65,536色

■サブディスプレイ
・-

■メインカメラ
・有効画素数約530万画素CMOSカメラ
・顔検出オートフォーカス

■サブカメラ
・有効画素数43万画素CMOSカメラ

■連続待受時間
・約280時間

■連続通話時間
・約310分

■外部メモリ
・microSDHC

■ボディカラー
・Red
・White

■備考
・ワンセグ
・GPS
・WORLD WING
・FOMAハイスピード
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています