bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

RIM、Appleのアンテナ性能比較に対してコメントを発表。

iPhone

Appleは、iPhone 4にて特定の持ち方をすると電波状況を示すアンテナバーの本数が激減する不具合に対して記者会見を開きました。

この記者会見の中でAppleでは、アンテナバーの本数が激減する事象は他社のスマートフォンでも同様に起こると発表しましたが、これに対してBlackBerryの製造元として知られるRIM社が「Appleは自社の失敗にRIMを巻き込もうとしている」とコメントしています。

Appleは問題の本質をすり替えていた?

日本での「iPhone 4」返品は未定、RIMはアップルに対し声明 – ケータイ Watch

記者会見にてAppleのCEOであるスティーブ・ジョブズが他社のスマートフォンでも特定の持ち方をするとアンテナバーが激減すると発表し、Appleのウェブサイトでも同様の事象が掲載されています。
アップル – スマートフォンのアンテナ性能

この発表内容に対してRIMでは「Appleは自社の失敗にRIMを巻き込もうとしていることは容認できない」「RIMはアップルがiPhone 4で使用した設計を採用しておらず、電波が弱いエリアで通話が中断されるリスクを軽減する革新的な設計を採用している」とコメントを発表。

これらのコメントに加えてRIMは「AppleはiPhone 4のデザインを決断した。AppleはRIMや他社をApple固有の問題に巻き込もうとするのではなく、その決断に対する責任を持つべきだ」としています。

そもそもアンテナを物理的に覆ってしまえばアンテナバーが激減するのは当たり前の話なんですが、RIMが何に反論しているとかと言うと、Appleは特定の持ち方をするとアンテナバーの表示本数が激減しやすいのを知っていながらアンテナが露出しているデザインをiPhone 4に採用した事-つまり設計ミスであるにも関わらず、RIMや他社が抱えている物理的な問題と同じ扱いにしようとしていることに対して反論しているのでしょう。

RIM以外の性能比較をされたHTCとサムスン電子がどういった対応に出るのでしょうか。対応によっては、この本質のすり替えは結構大きな問題になりそうですが。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています