bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、アンテナ性能サイトに「Droid X」を追加。

iPhone

iPhone 4のアンテナ感度不具合に関して記者会見を行うとともにAppleのウェブサイトに公開されたアンテナ性能ページには、他のスマートフォンでもiPhone 4と同様なアンテナ感度不具合は起こるとして他社製のスマートフォンを晒しあげていますが、このスマートフォンにAndroidを搭載した「Droid X」が加わったようです。

Appleが必死なのはリコール逃れのため?

Apple – Smartphone Antenna Performance

任天堂がWiiリモコンジャケットを無料で配布した神サポートのようにAppleがケースを配布するという異例の事態を引き起こしたiPhone 4のアンテナ感度不具合。どうしてここまでAppleは必死になっているのでしょうか。以前のAppleならば放置してそうなものです。

以前の記事でも書いた様にiPhone 4と他機種で起こっているアンテナ感度不具合の問題はアンテナを手で物理的に覆う事で電波を受信し難くなるという解消しようがない問題、これに加えてiPhone 4では、アンテナがむき出しになっており、手で直接触れることにより電波を受信し難くなるという問題を抱えています。

iPhone 4独自の問題は明らかなAppleの設計ミスでありますが、AppleではiPhone 4のリコールを行わない理由の1つとして「他社のスマートフォンでも起こりうる問題」とコメントしています。

つまり、アンテナ性能サイトはAppleにとってみればリコールを行わない動機のようなもの。必死になるのも当然でしょうか?

ちなみに、日本のアンテナ性能のサイトには「Droid X」は追加されていません。
アップル – スマートフォンのアンテナ性能

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています