bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au、海外パケット定額サービスを提供!

au

ソフトバンクモバイルとNTTドコモでは既に提供済みの海外パケット定額サービスですが、auがこれを追従し「海外ダブル定額」を発表しました。

データ通信も定額対象!

海外パケット定額サービスの導入について | 2010年 | KDDI株式会社

「海外ダブル定額」はCDMAエリアで約11.4万パケット、GSMエリアで約4万~20万パケットまでは日額最大1980円で、それ以降は最大2980円で利用できる2段階製のパケット定額サービス。

定額の対象となるのは、アメリカではVerizon Wirelessと中国のChina Telecom、韓国のSK Telecomの通信網に接続した場合かつ、auの携帯電話やスマートフォンからのWebサイトの閲覧やEメール、PC接続によるデータ通信。Cメールは定額対象外となります。

また、「海外ダブル定額」を利用するには「ダブル定額」「ダブル定額ライト」「ダブル定額スーパーライト」「プランE」「プランEシンプル」「パケット割WINミドル」「パケット割WINスーパー」のいずれかを契約している必要があります。

3社のパケット定額サービスを比較すると、NTTドコモとauが提供するパケット定額サービスはデータ通信が定額の対象内になるものの、ソフトバンクモバイルの「海外パケットし放題」ではデータ通信は定額の対象外となります。

料金ではソフトバンクモバイルとNTTドコモがキャンペーンを行っており、ソフトバンクモバイルが2011年6月30日まで、NTTドコモが2011年3月31日まで日額最大1480円で利用することが可能です。auでは同様の割引キャンペーンを行うかは未定とのこと。

ちなみに、NTTドコモのMVNOで海外パケット定額サービスを提供する「インターコミュニケーションズ」では12月まで月額980円で利用することができますよ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2019/04/23
メルペイにあと払いが登場。翌月にコンビニやATMで支払い可能に

スマホアプリ

2019/04/23
+メッセージ、公式アカウント提供へ。レストラン予約や住所の一括変更など可能に

LINE Pay

2019/04/23
iOS版「LINE Pay」アプリの配信開始。超Payトク祭りの上限額が1万円に

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/04/23
最大100W出力のUSB PD充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」が発売
Recommendこんな記事も読まれています