「X-RAY」 - スケルトンのデザイナーズケータイ

bio
Yusuke Sakakura

「X-RAY」 - スケルトンのデザイナーズケータイ


auの2010年冬モデルである東芝製の「X-RAY」は吉岡徳仁氏がデザインを手がけたiidaシリーズのモデルとなっています。

「X-RAY」は、「MEDIA SKIN」のデザインを手がけた吉岡徳仁氏がデザイナーとなった端末。背面や裏面などあらゆるパーツにスケルトンが使われており、普段は目にすることができないプリント基板やケーブルなどの電子部品を確認することができます。

深みのあるボディカラーがカッコいい。

X-RAYのスペック。
■サイズ
・約49×110×15.7mm

■重さ
・約123g

■メインディスプレイ
・約3.0インチ
・TFT液晶
・約26万色

■サブディスプレイ
・7×102ドットマトリクスLED

■メインカメラ
・有効画素数約808万画素CMOSカメラ
・撮影ライト
・AF付き
・手ブレ補正付き
・手ブレ軽減付き

■サブカメラ
・-

■連続待受時間
・約270時間

■連続通話時間
・約210分

■外部メモリ
・16GB
・microSDHC
・セキュア対応

■ボディカラー
・レッド
・ブラック
・ブルー

■備考
・フォトビューアー
・ECOモード
・覗き見防止
・カスタマイズキー
・地デジ持ち出し

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています