「TOUCH WOOD SH-08C」 – ヒノキケータイ!

NTTドコモ

「TOUCH WOOD SH-08C」 – ヒノキケータイ!


NTTドコモの2011年春モデルであるシャープ製の「TOUCH WOOD SH-08C」は、ボディに本物のヒノキを使用したモデル。

「SH-08C」は、1年前にCEATECでコールドモックが展示されていた端末。今回はそれが1万5000台限定で販売・実用化された形となります。

スペックは「SH-05C」と同等になりますが、GPSやワンセグ、Felicaなどの機能は非搭載となります。
TOUCH WOOD SH-08Cの発売日。
・2011年2月~3月発売予定。

TOUCH WOOD SH-08Cのスペック。
■サイズ
・約63×120×14.5mm

■重さ
・約130g

■メインディスプレイ
・約3.4インチ
・FWVGA(480×854ドット)
・NewモバイルASV液晶
・1677万7216色

■サブディスプレイ
・-

■メインカメラ
・有効約530万画素CMOSカメラ

■連続待受時間
・約460時間

■連続通話時間
・約190分

■ボディカラー
・HINOKI

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2021/02/28
違いは?ahamo/povo/LINEMOを比較

Google Home/Nest

2021/02/27
新型Nest Hub、Soliチップ搭載で空中ジェスチャに対応か

NTTドコモ

2021/02/27
ahamo、音声定額込みで料金値下げか。週明けにも発表

ニュース

2021/02/26
キャリアメール持ち運び、総務省「ahamoも対象にすべき。来夏までの実現が適当」
Recommendこんな記事も読まれています