bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

SIMロック解除、ドコモのSIMカードを利用する場合、高額になるケースも。

NTTドコモ

NTTドコモが4月1日よりSIMロック解除サービスを開始しました。SIMロックを解除する場合には、通信方式や周波数そしてキャリア、APNに気をつけなければならないと先日お伝えしましたが、料金プランにおいても気をつける必要があるようです。

月額1万395円になる場合も。

ドコモのリリースによれば、総合プランを契約したSIMカードでテザリング可能なSIMロックを解除した端末を利用する場合、月額1万395円になるようです。

なお、総合プランをご契約の場合、他社のSIMロック解除端末がテザリング非対応であることなどをドコモで確認できた端末については、パケット定額サービスをご契約いただくことで、パケット通信料の上限額は5,460円もしくは5,985円となります。当該端末については、ドコモで上記の確認が取れた時点で、ドコモホームページにてお知らせします。その後、お客様が当該端末に指定のアクセスポイント(APN)を設定していただくことで、それ以降のパケット通信が上記パケット通信料の対象となります。その他の端末については、上限額10,395円となります。
情報元:報道発表資料 : SIMロック解除の開始について | お知らせ | NTTドコモ



テザリング機能というのは、ケータイをモデムとしてPCに接続してデータ通信を行える機能のことで、このテザリング機能はほとんどのケータイに備わっています。

ソフトバンクモバイルのテザリング対応端末は以下から確認できます。
モバイルデータ通信(携帯電話からの接続)SoftBank
イーモバイルでは、「HTC Aria(S31HT)」や「Pocket WiFi S(S31HW)」で利用することができます。

今後リリースされる端末においてもテザリング機能はほとんどの機種に備えられるため、パケ・ホーダイ フラットやパケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、パケ・ホーダイ ダブル2を契約し、ドコモのSIMカードでSIMロック解除端末を利用する場合は、1万395円になると思っておいた方が良いでしょう。

ただし、データ通信プランを契約する場合は、上限5460円または5985円で利用することが可能になります。

また、定額データプランをご契約の場合は、テザリング対応可否にかかわらず、指定のアクセスポイント(APN)を設定していただくことで、ご利用料金の上限額は5,460円5 もしくは5,985円6 となります。
情報元:報道発表資料 : SIMロック解除の開始について | お知らせ | NTTドコモ


当然ですが、データ通信プランを利用する場合は、通話機能を利用することができないので通話専用の端末を別に持つかスマートフォンを利用する場合は通話機能をSkypeなどのIP電話で済ませることになります。

個人的にはSkypeなどのIP電話を通話機能の代わりとして使うにはあまりにも無理があるので、SIMロック解除端末はデータ通信プランで契約して通話専用端末を別に1台持った方が良いと思います。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2018/07/23
ようやくau系MVNOとiPhone/iPadでテザリング可能に。mineoが10月末から対応開始

LINE Pay

2018/07/23
LINE Pay、「マイカラー」を8月に変更。判定基準を公開、ポイント付与の上限決済額を大幅引き上げ

格安SIM

2018/07/23
mineo、ソフトバンク回線の「Sプラン」を9月スタート。6ヶ月・月額0円のキャンペーンも

au

2018/07/23
「Xperia XZ2 Premium」の発売日は7月27日から。au版は2週遅れに
Recommendこんな記事も読まれています