bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTTドコモ、公衆無線LANサービスを10月より無料で提供か。

NTTドコモ

現在、NTTドコモが有料で提供している公衆無線LANサービスの「Mzone」を10月から無料で提供すると日本経済新聞が報道しています。

対応エリアの拡大も!

情報元:ドコモ 「WiFi」無料化 10月にも駅やカフェで高速通信 スマホ急増による回線混雑を緩和

「Mzone」は、NTTドコモが提供する公衆無線LANサービスで駅や空港、カフェなどでパソコンやスマートフォンゲーム機器などを無線LANに接続できるというもの。

今回、日本経済新聞が伝えている内容によれば、NTTドコモの契約者は上記の「Mzone」を無料で利用することができるとのこと。現在は月額315円を支払うことによって利用が可能です。

利用エリアについては、2012年夏までに現在の約4倍となる3万ヶ所に拡大させ、将来的には10万ヶ所に拡大させるようです。

他キャリアが提供する公衆無線LANサービスの状況としては、auがスマートフォンユーザー向けに無料で提供。auが提供する公衆無線LANのスポットに近づくと自動で無線LANに切り替えを行うという特徴があります。ソフトバンクでは無線LAN接続に対応したケータイ向けに2年間のみ無料で提供、2年間の契約終了後月額490円となります。対応スポットはどちらも10万ヶ所と発表しています。

公衆無線LANの無料提供はソフトバンクモバイルがトラフィックを分散させる狙いのもと他キャリアに先行して行い、auがそれを追従したという経緯があり、今回新たにNTTドコモが加わることになります。

NTTドコモの最大の強みはインフラ面だと思いますが、Androidスマートフォンの売れ行きが好調でついにNTTドコモもトラフィックの分散を考える時期になったということでしょうか。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/04/25
任天堂、新作アプリ「マリオカートツアー」のテスト参加者を募集

PayPay

2019/04/25
PayPay、月替りでおトクなキャンペーン「ワクワクPayPay」を6月から実施〜LINE Payに対抗

PayPay

2019/04/25
PayPay、還元率を6倍の最大3%にアップへ。新しいくじ「PayPayチャンス」も

AirPods

2019/04/25
AirPods 3、新デザイン採用で早ければ2019年末に発売か
Recommendこんな記事も読まれています