bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

FOMA端末を利用しているユーザーがXi(クロッシィ)に契約変更する際に気をつけるべきポイント5つ。

NTTドコモ

FOMA端末でXi(クロッシィ)プランを契約すると、通常月額8190円で利用できるところを上限月額4410円または月額4935円にて利用することができたり、「カケ・ホーダイ」を利用するとドコモ同士の通話が24時間無料になるなど素晴らしいことがある反面、落とし穴もあったりするので紹介。

通話を多用するユーザー特に注意が必要ですよ。

1.当然のことながらXiの高速データ通信は使えない。
契約している料金プランがXiに対応していても利用している端末がXiに対応していなければ当然の如く高速データ通信を利用することができません。

2.月々サポートが強制解約になる。
毎月の利用額から最大24ヶ月割り引かれる(割引価格は購入した端末により異なる。)月々サポートが強制解約になります。

ただし、Xiプランに変更した際のテザリングの割引額やドコモ同士の24時間無料通話を考えれば数ヶ月で月々サポートの割引額を上回ってしまうのであまり問題はないと思います。

ちなみに、「Xperia acro SO-02C」を購入した際の月々サポートの割引額は月額882円でした。

3.再度FOMAプランに変更した時はシンプルプランになる。
Xiプランに契約変更する前にバリュープランを契約している人は注意。Xiプランから再度FOMAプランに契約変更する際はバリュープランを契約することはできず、シンプルプランを契約することとなります。

バリュープランはシンプルプランと比較して割安であるため、ちょっとだけXiを使いたいという人は注意が必要です。

4.Xiプランには無料通話が存在しない。
Xiの料金プランでは「タイプXi にねん」と「タイプXi」の2つから選択することとなりますが、2つのプランには無料通話分が存在しません。また、通話料金は30秒ごとに21円となります。

通話を長時間利用する様な人はXiに変更する前よりも月額の利用料金が上がってしまうなんてこともあるので注意が必要ですね。

5.ファミ割MAX50、ひとりでも割50が強制解約になる。
FOMA契約時に料金プランが50%オフとなるファミ割MAX50やひとりでも割50は強制解約となります。

「タイプXi にねん」の月額は780円、「タイプXi」の月額は1560円となるため、現在利用している料金プランによっては割高となります。ただし、これもテザリングの割引額やドコモ同士の24時間無料通話を考えれば割引額を軽く上回るのであまり問題はないでしょう。

おまけ
テザリングを多用する僕もFOMAからXiへ契約変更を行ってきました。月額は約6000円くらいになると言われました。

また、FOMA契約時は月額1万円オーバーだったので毎月4000円も割安になりました。これはデカイですよね2ヶ月でゲームソフト1本分も浮いてしまうわけですよ。1年では4万8000円になってソフトどころかハードまで買えてしまいます!

ちなみに、SIMカードがFOMAのSIMカードからドコモのSIMカードになってちょっとカッコよくなりました!エントリーのトップに掲載している画像がソレです!

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Music

2019/12/11
速報:ラルクアンシエル、全曲サブスク解禁

Android

2019/12/10
更新:Android、2019年最後のセキュリティアプデ配信。「Pixel 4」は顔認証改善

セール

2019/12/09
Amazonサイバーマンデーで売れたものトップ10(2019)

シャオミの噂・最新情報

2019/12/09
シャオミの日本初スマホ「Mi Note 10」フォトレビュー
Recommendこんな記事も読まれています