25日に発生したドコモの通信障害は通信設備の故障が原因。一部店舗では山手線遅延が影響と説明。

Yusuke Sakakura

25日に発生したドコモの通信障害は通信設備の故障が原因。一部店舗では山手線遅延が影響と説明。


25日の午前8時30分ごろ東京都内にてドコモのFOMA回線などがつながりにくくなった障害の原因はパケット交換機の故障が原因と発表しました。

影響人員は最大252万人。

情報元:FNNニュース: NTTドコモ通信障害…

障害発生時は圏内表示されるものの、パケット通信を試みると失敗し、電話発信を行うと「しばらくお待ちください」の文字が表示され通話が行えないという事象が発生。

障害は13時08分に復旧。影響規模は252万人とされています。

障害発生当初は一部ドコモショップで同日朝に起きた山手線の遅延が原因としていたものの、山手線の遅延は午前9時過ぎに発生しており、障害が発生した8時26分よりも後に発生していることから山手線の遅延は発生原因としては無関係であることが明らかになっています。

spモードメールのアドレス入れ替えという前代未聞の事故の1ヶ月後にこれですから東京都に限るとはいえ、ユーザーに与える印象は大分悪いでしょうね。普段つながりにくいソフトバンクと突発的に全く使えなくなるドコモ、個人的にはソフトバンクを選びたいです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています