イー・アクセス、下り最大75MbpsのLTE対応データ通信サービス「EMOBILE LTE」を3月より提供開始!

ワイモバイル

イー・アクセス、下り最大75MbpsのLTE対応データ通信サービス「EMOBILE LTE」を3月より提供開始!


イー・アクセスが下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsで利用できるLTEのデータ通信サービスを3月より開始すると発表しました。

料金プランと具体的な提供開始日は後日発表に。

情報元:【LTE】次世代高速通信EMOBILE LTE | イー・モバイル

「EMOBILE LTE」の対応エリア
「EMOBILE LTE」の対応エリアは2012年6月末に東名阪の主要都市において人口カバー率99%、2013年3月には全国において人口カバー率70%を目指すとしています。

ちなみに、LTEの対応エリア圏外では下り最大42Mbpsの「EMOBILE G4」に接続するとのこと。

「EMOBILE LTE」対応機種
「EMOBILE LTE」の対応端末としてモバイルWi-Fiルーター2機種が発表されました。

「Pocket WiFi LTE(GL01P)」は、Huawei製のモバイルWi-Fiルーターで、同時に10台まで接続が可能となっています。連続通信時間は約9時間、待機時間は約200時間でバッテリーの交換はできません。重さは約140g。


「Pocket WiFi LTE(GL02P)」は、AnyDATA製のモバイルWi-Fiルーターで、GL01Pとの違いはバッテリーの取り外しが可能なことや、重さが123gと軽量であること。GL01Pが搭載しているmicroSDHCは非搭載となっています。


どちらの機種もWi-Fiの認証はWEP、WPA、WPA2を利用することが可能とのこと。

朝の日経の報道ではソフトバンクとほぼ同じ価格で提供するとのことでしたが、料金プランは発表されませんでした。
ソフトバンクが発表した料金プランを考慮して再度検討に入ったのでしょうか。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホのアクセサリ・グッズ

2021/01/26
「Anker PowerCore Fusion 10000」レビュー。容量倍増モバイルバッテリー+充電器

スマホのアクセサリ・グッズ

2021/01/26
復活。モバイルバッテリー+充電器「Anker PowerCore Fusion 10000」が発売

Apple Watch

2021/01/26
噂:Apple Watch Series 7、無採血で血糖値の測定可能に?

LINE Pay

2021/01/25
スターバックス、PayPayとLINE Payのコード決済に対応
Recommendこんな記事も読まれています