ドコモ、販売台数のノルマなどを理由にiPhoneの販売は厳しいとコメント。

bio
Yusuke Sakakura

ドコモ、販売台数のノルマなどを理由にiPhoneの販売は厳しいとコメント。

Photo By jesus-leon
ドコモがAppleから課せられる販売台数のノルマやdマーケットなどが載せられないことからiPhoneの販売に関しては難しいと明らかにしました。
情報元
ドコモ版iPhone「現状だと厳しい」――山田社長が明言 – ITmedia +D モバイル

27日に行われた決算説明会の後の取材でiPhoneについて質問された山田社長はdマーケットなどドコモの独自コンテンツの提供が難しいことや、スマートフォンの半分以上をドコモが自由にサービス展開できるAndroidにしたい方針に対して、フィーチャーフォンとスマートフォンを含めた販売台数のうち半分以上をiPhoneで占める必要があるというノルマからiPhoneの販売は難しいとコメントしました。

ソフトバンクやauがiPhoneの販売台数のノルマのために他のスマートフォンを売れない、iPhoneにキャリアの思いは乗せられずそのまま売ってインフラだけを提供しているだけという状況を考えると、確かにドコモがキャリアとして何らかの付加価値を付けたいという気持ちもわかりますね。

そして、ドコモまでがそれをやってしまったら日本のスマートフォンというか携帯電話事情はとてもつまらなってしまいそうなので、せめてドコモだけでも今のままで頑張って欲しいな。

ただ、今はiPhoneを無理に販売する気は無いみたいですが、山田社長が退任するという報道もあり、社長退任によって方針転換する可能性もなくはないのかな。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています