イーモバイル、「STREAM X」を発表!ーキャリア初のLTEサポートモデル

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

イーモバイル、「STREAM X」を発表!ーキャリア初のLTEサポートモデル

イーモバイルが高速データ通信規格のLTEに対応したスマートフォン「STREAM X」を発表しました。同キャリアとしては初のLTEをサポートしたスマートフォンになります。

「STREAM X」の特徴

「STREAM X」の通信速度は、LTE環境下では下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsで、DC-HSDPA環境下では下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsとなります。

通信速度とともにハイレスポンスを実現するCPUの性能は1.5GHzのクアッドコア、GPUは16コアのものを搭載。RAMは1GBとなっています。

ハイレスポンスを支えるバッテリーは、容量2350mAhと大容量のものが搭載されます。連続待受時間はLTE接続時が約270時間、3G接続時が約310時間で連続通話時間は約760分、テザリング利用時は8時間と、カタログスペックになりますが、期待してできる数値です。

ディスプレイは4.7インチ、1280×720ドットのLTPS液晶ディスプレイが搭載され、iPhone5と同様にインセル式のタッチパネルを採用しています。

端末の薄型化を実現するインセル式のタッチパネルの恩恵もあり、「STREAM X」は薄さ8.6mm。重さは約122gと比較的スリムなスマートフォンとなっています。

ソフトウェアでは、OSにAndroid 4.1、フリースタイルインターフェースを謳った「Emotion UI」が搭載されます。

また、イーモバイルとして初めておサイフケータイをサポートしています。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています