bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

日経BPのLTEに関する調査結果にてドコモがエリア率トップにー過去最多となる全国1000箇所での調査

NTTドコモ
日経BPのLTEに関する調査結果にてドコモがエリア率トップにー全国1000箇所での大規模調査
日経BPコンサルティングが全国1000箇所にてLTEの対応エリアと通信速度の調査したところドコモがエリア率トップとなったようです。
情報元
過去最多・全国1000個所大規模LTEエリア調査LTEエリア化率No.1はNTTドコモ| ニュースリリース | 日経BPコンサルティング

LTEエリア化率はドコモが97.4%でトップ

ドコモの「Xperia Z」でLTEにつながるかどうか調査したところ、97.4%を記録したとのこと。3キャリア、5機種のうちトップとなりました。

2位はauの「HTC J butterfly」が95.6%で、3位はソフトバンクの「iPhone5」が90.9%となっています。

LTEの通信速度はauのAndroidがトップ

LTEの通信速度はauの「HTC J butterfly」が21.67Mbpsを記録し、トップとなっています。

2位はソフトバンクの「AQUOS PHONE Xx」の20.78Mbps、3位はドコモの16.06Mbpsとなっています。

空港でのLTE接続率はドコモがダントツに

全国1000箇所のうち84箇所の空港にて調査したところ、ドコモが100%を記録。2位はauの「HTC J butterfly」が88.1%、3位はソフトバンクモバイルの「iPhone5」が75%と、ドコモが2キャリア・2機種を大きく離しています。

また、353箇所の駅においてもドコモの「Xperia Z」が99.2%を記録しており、交通手段の伴うエリアではドコモが強いことがわかっています。

調査エリア全国1000箇所は大規模なのか

日経BPコンサルティングは今回の調査結果を「大規模LTEエリア調査」と題して発表していますがこれは本当に大規模なのでしょうか。

これまで携帯総合研究所でお伝えしてきたLTEに関する調査結果の調査箇所は以下の通りです。
iPhone5のLTE速度調査、ソフトバンクが平均速度で上回るも・・・。(349箇所)
LTEの通信速度、Android/iPhone5ともにソフトバンクが最速との調査結果(100箇所)
LTEにおける通信速度とエリアはソフトバンクが1位!ただし・・・(200箇所)

というように日経BPコンサルティングの調査はこれまでの約3〜10倍の調査箇所で実施されたことになります。

これまでの調査結果ではドコモが最下位となっていましたが、上記3つのうち2つは市役所や主要都市で実施された調査でした。一方、日経BPコンサルティングが行った調査はイベント会場、ビジネス街、テーマパーク・ホテル・宿泊施設、観光地、駅、空港、高速道路などなど様々なスポットで実施されたことでドコモがトップになったのでしょうね。

つまり、都心や市役所のあるエリアではauやソフトバンクが強いものの、地域ではまだまだドコモが強いということですね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 11

2019/09/18
再更新:iPhone 11/11 Pro、RAMとバッテリー容量が判明。中国の認証機関から

NTTドコモ

2019/09/18
ドコモ、下り最大3.2Gbpsの「5Gプレサービス」を20日から開始。試作機も公開

Apple Music

2019/09/18
Perfume、サブスク解禁。全曲聴き放題に

Android

2019/09/18
Google、AirDropのようなAndroidの共有機能「Fast Share」を開発中
Recommendこんな記事も読まれています