bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、非ツートップの販売台数が10万台未満であることが明らかに

NTTドコモ
ドコモ、非ツートップの販売台数は10万台未満であることが明らかに
ドコモのツートップして売りだされた「Xperia A SO-04E」と「GALAXY S4 SC-04E」の販売台数が120万台を突破した一方で非ツートップである他の機種の販売台数が10万台未満であることがわかりました。

ヒットするにはツートップ入りが必須に?

ドコモの加藤薫社長はSankeiBizのインタビューにて非ツートップの販売台数が1万台〜7万台であることを明らかにしたようです。
ドコモの加藤薫社長はフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、同社が主力2機種に位置づけたソニーの「エクスペリアA(エース)」とサムスン電子の「ギャラクシーS4」の6月末の販売台数がそれぞれ83万台、40万台に達したことを明らかにした。

 2機種以外では、シャープの「アクオス」と富士通の「アローズ」がそれぞれ7万台、パナソニックの「エルーガ」は1万5000台、NECの「メディアス」も1万台前後と低迷。主力機種とそれ以外で明暗がくっきり分かれた。

引用元:ドコモ「ツートップ」戦略で明暗クッキリ パナなど下位4社の不振際立つ (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

これまでトップモデル以外がどれだけ売り上げていたのかがわからないので、「ツートップのせいで売れなくなった」とは言えないですが、ツートップとそれ以外には大きな差があり、下克上するのはかなり難しいようですね・・・。

こうなるとメーカーはツートップ入りを目指すことになるわけですが、メーカーがユーザーに受け入れられる機種ではなく、ツートップに入りできるような機種を開発するのではないかとちょっと不安になってしまいますね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone

2019/11/19
SIMフリー版iPhone、ついにヨドバシやビックカメラなどで販売解禁

Appleニュース

2019/11/19
Apple、スペシャルイベントを12月3日に開催。人気アプリ・ゲームを表彰へ

iOS 13

2019/11/19
「iOS 13.2.3」配信開始。バックグラウンドでダウンロードできない問題など修正

LINE

2019/11/18
ヤフーとLINEが共同会見。経営統合の理由を語る
Recommendこんな記事も読まれています