ドコモ、下り150MbpsのLTE対応エリアを拡大ー12月中に山手線全駅で対応へ

NTTドコモ

ドコモ、下り150MbpsのLTE対応エリアを拡大ー12月中に山手線全駅で対応へ


NTTドコモが下り最大150MbpsのXi(LTE)を本日より新宿駅、巣鴨駅、大崎駅で開始したことを発表しました!また、12月中には山手線全駅で利用可能になるとのことです。

下り最大150Mbpsに対応するのは2013年冬モデルから


下り最大150Mbpsの高速データ通信サービスには2013年冬モデルから対応しており、2013年夏モデル以前の機種で利用することができません。

また、iPhone 5sとiPhone 5cについても下り最大150Mbpsには対応しておらず、下り最大100Mbpsまでの対応となっています。

回線の混みあう山手線でどれほどの速度が出るのでしょうか

東京では既に原宿駅または神宮前駅周辺で利用することができ、2013年冬モデルの「ARROWS NX F-01F」をモニターする機会があったので実際に体験してきましたが、下り30Mbps〜85Mbpsを計測していました。

▼体感速度など詳しいレポート内容はこちらからどうぞ

平日の原宿駅周辺もそれなりに混み合っていたかと思いますが、世界でも有数のトラフィックをほこる山手線でどれほどの速度を計測するのか気になりますね。

通勤で使っている方は明日の通勤時にでも測ってみてはどうでしょうか?

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2021/01/20
MVNO委員会、ahamo対抗は「極めて困難」。接続料の引き下げを強く要求

キャッシュレス

2021/01/20
スマホ決済調査、d払いの利用急増。PayPayはダウン

au

2021/01/19
au、プラチナバンド5Gを2021年春に開始。Galaxy S20、Xperia 1 IIは非対応

キャッシュレス

2021/01/19
ユニクロペイ開始。始め方・使い方を解説
Recommendこんな記事も読まれています