bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモの「ケータイ補償サービス for iPhone」とAppleの「Apple Care+」どちらを契約したら良いのか比較してみる!

iPhone
Photo By James Ward
ドコモは本日より「ケータイ補償サービス for iPhone」の提供を開始しましたが、既にAppleからは「Apple Care+」が提供されています。

どちらのサービスを契約していいのか悩むところですが、今回は料金と補償内容を比較してどちらを契約したら良いのかを考えたいと思います。

ケータイ補償サービス for iPhone vs Apple Care+(料金編)

ケータイ補償サービスApple Care+
月額料金iPhone 5s:月額630円
iPhone 5c:月額525円
2年間換算:1万2600円〜1万5120円
初回:月額416円
2回目以降:月額408円×23回
総額:9800円
交換費用7875円7800円

ケータイ補償サービス for iPhone vs Apple Care+(補償内容編)

ケータイ補償サービスApple Care+
水没
紛失
盗難
破損
全損
バッテリー交換
電話サポート
交換回数1年に2回まで2年に2回まで
補償期間期間なし2年間
交換品同サービスで回収した電話機に故障修理・外側カバーの交換・品質の確認を行ったうえで、新品同様の状態に初期化した電話機
在庫不足などの場合は、ドコモが指定する機種またはカラーの電話機
新品または性能および信頼性において新品と同等のもの
サポート対象iPhone本体iPhone本体
バッテリー
付属のイヤフォンとアクセサリ

ケータイ補償サービス for iPhone vs Apple Care+(まとめ)

料金だけでいえばApple Care+が優れていると言えますが、補償内容では盗難や紛失までサポートしてくれて1年に2回まで交換サービスが利用できる「ケータイ補償サービス」、バッテリーの交換が無料で利用でき、交換品のクオリティが比較的良さそうな「Apple Care+」と、それぞれに特徴があるため優劣は付けられないですかね。

よくiPhoneを落とす人はケータイ補償サービスを、あまり落とさない、安く運用したいという人にはApple Care+をオススメしたいところです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Music

2018/09/22
miwaの全楽曲が「Apple Music」などで聴き放題に

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
写真・動画、ショートカットもカンタンに送れる「iCloudリンク」の使い方

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
「iPhone XS」でバッテリー残量をパーセント表示する方法

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表
Recommendこんな記事も読まれています