bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 6は2モデル発売でほぼ確定か!?

Photo By TechSmartt
Appleが9月9日に開催するイベントでiPhone 6が発表される見込みとなっています。

iPhone 6の噂が出始めたころから「次のiPhoneは画面サイズの異なる4.7インチと5.5インチの2モデルが存在する」と噂されていたものの、最近では5.5インチのモデルは存在しないのではないかと言われていましたが、タイの無線機器認証機関にApple製の未発表機種が2モデルが申請されたことが明らかになりました。
iPhoneの噂・最新情報

タイの認証機関、2モデルのiPhoneが申請されたことを明らかに

タイのメディアCyberbizによると、タイの通信事業を監督する組織であるNBTCがAppleから申請された2モデルの承認したそうです。

情報元は、NBTCの事務局長であるTakorn Tantasith氏のツイートによるもので信憑性はかなり高いものとみていいでしょう。

※タイのNBTCは、日本の技術基準適合証明(通称:技適)等にあたるもので、3GやLTE、Wi-Fi、Bluetoothといった無線機能を有する機器はNBTCなどの認証機関で審査を受けて承認が下りればタイでの販売が可能になります。

iPhone 6の2モデルラインアップはほぼ確定か

承認されたiPhone 6の型番は「A1586」と「A1524」の2モデルとなることがNBTCが明らかにしているものの、iPhoneは対応する周波数帯によって型番を変えているため、iPhone 6が2モデルになるという裏付けにはなりません。

ただ、これまでのiPhone 6に関する情報をひもづけると、iPhone 6が2モデルになる可能性が高いと言えそうです。

まずは、既にAppleが型番の異なる未発表の2モデルを技適に通過させているのではないかという見方があるということ。

昨年発売されたiPhone 5sには4種類の型番があるにも関わらず、技適を通過したのがA1453の1モデルのみということを考えれば、2つのモデルが技適を通過するのは何らかの意図があってのことだと思います。

最近はリークされているiPhone 6の部品が4.7インチばかりで5.5インチのモデルは存在しないのではないかという見方もありました。

技適を通過したのが2014年4月ごろなのでそれからAppleの方針が変わったのかな?とも思いましたが、来月の発表間近の今、タイでも2機種の型番がNBTCを通過したということでiPhone 6には2モデル存在する可能性が高くなってきました。

まぁ、僕の手の大きさからすると、5.5インチのビッグなボディをスマートフォンとして使うのは難しいので、4.7インチのモデルを選択しようと思っています。

個人的には5.5インチなんてビッグなサイズはいらないので、従来型の4インチモデルと4.7インチのラインナップにならないかなーというサプライズを期待しております。
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2018/05/26
iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ

Kindleセール情報

2018/05/26
50%ポイント還元、Kindleストアで「PHP研究所キャンペーン」が開催中

Kindleセール情報

2018/05/26
半額、Kindleストアでいま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セールが開催中

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から
Recommendこんな記事も読まれています