NTTドコモに続き、auも新販売方式を導入か

au

NTTドコモに続き、auも新販売方式を導入か


先月27日にNTTドコモが新販売方式を905iシリーズの発売合わせて導入すると発表しましたが、本日、auも新販売方式の導入と導入された際の料金の詳細を一部報道機関が報じています。

微妙な・・・いや・・・使えない?

auは、端末の販売価格を値上げする代わりに月々の料金を値下げする新販売方式を11月にも導入すると報道されています。

値上げする価格は2万円程度で値下げされる料金は、通話料金を従来の料金からおよそ3割の値引きとなっています。

これにより、「プランS」では30秒16円の通話料金が約12円に、「プランM」では30秒14円の料金が約10円に、「プランL」では30秒12円の料金が約9円になります。

つまり、携帯電話の購入時に2万円程度を払う代わりにインセンティブの一部を通話料金の値下げに回すということなんですが通話しない人にとっては何の恩恵も受けられないんですよね。どうせやるなら請求額から何割か割り引くなどして欲しかったです。

ちなみに、KDDIからの公式発表ではありません。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2021/01/19
au、プラチナバンド5Gを2021年春に開始。Galaxy S20、Xperia 1 IIは非対応

キャッシュレス

2021/01/19
ユニクロペイ開始。始め方・使い方を解説

キャッシュレス

2021/01/19
ファミペイで今日から半額還元。家電量販店やドラッグストア、飲食店も対象

Xperiaの噂・最新情報

2021/01/19
Xperia 1 II、Android 11のアップデート開始。まずはau版から
Recommendこんな記事も読まれています