Apple、iOSを「iPhone OS」に再変更?

bio
Yusuke Sakakura

Apple、iOSを「iPhone OS」に再変更?

来週23日に開催される開発者向けのビッグイベント「WWDC 2020」では次期iOSなどのソフトウェアが先行発表される可能性が高い。

WWDCではアップデート内容だけでなくOSの改名が発表されることもある。4年前にはMac向けのOSがmacOSに変更され、昨年はiPad向けのOSがiPadOSに変更された。

今年はiOSがiPhone OSに変更されるかもしれない。

10年前にiPhone OSからiOSに改名

Jon Prosserが短いテキスト「iPhone OS.」をTwitterに投稿した。それ以上の詳細は語られていないが、WWDCの開催が間近に迫っていることを考えればiOSの名前がiPhone OSに変更されることを示唆していると考えるのが自然だ。

iPhone向けのOSは「iPhone OS」としてバージョン3まで提供されたのち、2010年にiPadが登場したことで「iOS」に変更された経緯がある。

最近のAppleは、iPadOS/watchOS/macOS/tvOSといったようにOSごとに名前を用意していることを考えればiOSからiPhone OSに変更されても不思議ではない。

iPod touchにもiOSは採用されているが、iPhone OS時代は“iPod touch ソフトウェア”として提供されていた。HomePod向けのOSが“HomePodソフトウェア”として提供されていることを考えると、過去と同じ名前が使われる可能性もある。

ただし、iPhone OSへの変更はJon Prosserのみが報じている。情報源も明かしていないため、現時点では話半分で聞いておきたい。

UPDATE:2020/06/19 10:57info.plistのDTSDKnameがiphoneos14.0.internalであることを理由に「iPhone OS」になると伝えられているが、DTSDKNameはこれまでもずっと“iphoneosXX.X”だったので裏付けにはならない。END OF UPDATE

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています