bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、「Apple Watch」の下取りサービス開始

Apple Watch

Apple Store、「Apple Watch」の下取りサービス開始

使い終わったApple製のデバイスをオンラインまたはApple Storeで下取りしてもらえる「Apple Renewプログラム」の対象製品にApple Watchが追加された。

初代モデルとなっったApple Watch Sportの下取り金額は5,700円でキズなどの状態によっては下取りできない場合がある。

スレやキズによっては下取り額が0円に

Apple Store、「Apple Watch」の下取りサービス開始

Apple Renewプログラムの下取り額は、アルミニウムケースのApple Watch Sportが5,700円、Apple Watch/Apple Watch Series 1が8,600円〜、Apple Watch Series 2が14,300円〜。ケースのサイズや付属されるバンドの種類によって下取り額が変わることはないが、ケースに深刻なスレやキズ、背面のセンサーにスレ・キズ・結露がある場合は0円となる。

なお、発売されたばかりのApple Watch Series 3や高額で販売されたApple Watch Editionは下取り対象外。

同プログラムはApple Storeまたはオンラインで申し込みが可能。Apple Storeで下取りする場合は新しいデバイスの販売価格から下取り額を差し引いた金額で購入できる。オンラインの場合は下取り分のApple Storeギフトカードがもらえる。

もし、Apple Watch Series 2(アルミニウム)を下取りに出してApple Watch Series 3(アルミニウム、42mm)を購入する場合、36,800円から下取り額の14,300円が値引きされて22,500円となる。

Apple Watchの下取り額を調べる

自分が使っているApple Watchの下取り額を確認するには専用ページにアクセスしてモデルまたはシリアル番号を入力後、検索ボタンをタップして製品の状態を入力する。

Apple Watchのモデル・シリアル番号を調べるにはiPhoneまたはApple Watchで「一般」→「情報」に進んでwatchOSのバージョン下で確認できる。

Apple Store、「Apple Watch」の下取りサービス開始

モデルはiPhoneまたはApple Watchで確認可能

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2018/12/14
ポケモンGO、あす早朝から伝説のポケモン「ルギア」と「ホウオウ」が期間限定で登場

PayPay

2018/12/14
PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」がわずか10日間で終了。新キャンペーンを実施予定

Amazon

2018/12/13
米Amazonで「Chromecast」が販売再開。近くプライムビデオの視聴に対応か

スマホアプリ

2018/12/13
Uber Eats、ガストの人気メニューが半額に。12月20日まで
Recommendこんな記事も読まれています