Apple、「Apple Watch」の下取りサービス開始

Apple Watch

Apple Store、「Apple Watch」の下取りサービス開始

使い終わったApple製のデバイスをオンラインまたはApple Storeで下取りしてもらえる「Apple Renewプログラム」の対象製品にApple Watchが追加された。

初代モデルとなっったApple Watch Sportの下取り金額は5,700円でキズなどの状態によっては下取りできない場合がある。

スレやキズによっては下取り額が0円に

Apple Store、「Apple Watch」の下取りサービス開始

Apple Renewプログラムの下取り額は、アルミニウムケースのApple Watch Sportが5,700円、Apple Watch/Apple Watch Series 1が8,600円〜、Apple Watch Series 2が14,300円〜。ケースのサイズや付属されるバンドの種類によって下取り額が変わることはないが、ケースに深刻なスレやキズ、背面のセンサーにスレ・キズ・結露がある場合は0円となる。

なお、発売されたばかりのApple Watch Series 3や高額で販売されたApple Watch Editionは下取り対象外。

同プログラムはApple Storeまたはオンラインで申し込みが可能。Apple Storeで下取りする場合は新しいデバイスの販売価格から下取り額を差し引いた金額で購入できる。オンラインの場合は下取り分のApple Storeギフトカードがもらえる。

もし、Apple Watch Series 2(アルミニウム)を下取りに出してApple Watch Series 3(アルミニウム、42mm)を購入する場合、36,800円から下取り額の14,300円が値引きされて22,500円となる。

Apple Watchの下取り額を調べる

自分が使っているApple Watchの下取り額を確認するには専用ページにアクセスしてモデルまたはシリアル番号を入力後、検索ボタンをタップして製品の状態を入力する。

Apple Watchのモデル・シリアル番号を調べるにはiPhoneまたはApple Watchで「一般」→「情報」に進んでwatchOSのバージョン下で確認できる。

Apple Store、「Apple Watch」の下取りサービス開始

モデルはiPhoneまたはApple Watchで確認可能

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2021/02/24
Suica対応「Fitbit Charge 4」の予約開始。価格は1.9万円

格安SIM

2021/02/24
IIJmio、2GB・780円の新プラン。5G無料、低速通信時は1.5倍高速に

Pixelの噂・最新情報

2021/02/23
Pixel 5aの画像公開。Pixel 4a 5Gとほぼ同じデザインに

Android

2021/02/23
Android 12、片手操作しやすい新UI“Silky Home"が追加か
Recommendこんな記事も読まれています