bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、iPhone/iPadなどアルコール消毒問題なしと明言〜新型コロナ対策

iPad

Apple、iPhoneなど消毒剤で拭いても大丈夫と明言〜新型コロナ対策

日本国内の感染者が500人を超え、9名が死亡している新型コロナウイルス。ウイルス対策としてアルコール消毒が効果的とされている。

ウイルスなどが付着しやすく便座より汚いとされているスマートフォンにはアルコール消毒が推奨されていなかったが、AppleはiPhoneやiPadなどの製品にアルコール消毒剤を使っても問題ないことをアナウンスした。

iPhoneなどアルコール消毒OK、ただし消毒剤に指定あり

Appleが現地時間3月9日に更新した“Apple製品のお手入れ方法”ページでは、新たに「Apple 製品のお手入れに消毒剤を使っても大丈夫ですか?」の項目が追加されている。

ここには“70%のイソプロピルアルコールを含む除菌シートまたはクロロックス除菌シートを使用してディスプレイやキーボードなどの表面など通気性のない硬い表面を優しく拭き取るぶんにかまいません”と書かれている。また、エアゾールスプレーや漂白剤、研磨剤(を含んだもの)を使用しないことや開口部に水分が入らないようにすること、布や革の表面に使用しないことなどの注意事項も記された。

70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプ (Clorox Disinfecting Wipes) を使い、Apple 製品の通気性のない硬い表面、たとえばディスプレイやキーボードなどの外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。漂白剤 (ブリーチ) は使わないでください。開口部に湿気や水分が入り込まないようにご注意ください。また、洗剤類の中に Apple 製品を浸さないでください。布製や革製の表面には使わないでください。

以前はAppleだけでなくテレビメーカーなどもアルコール消毒剤で液晶画面を拭くことを推奨していなかった。これはアルコール等によって画面のコーティングが剥がれてしまうためだ。

ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、Appleが指定しているClorox除菌シートと新品のiPhone 8を使って1,095回(365回*3年分)画面を拭いてもコーティングが剥がれることはなかったそうだ。

自身の経験としては、指定外のアルコール除菌シートでiPhoneやiPadの液晶画面を拭いてもコーティングが剥がれることはなかったが、MacBookの液晶は見事にコーティングが剥がれて有償修理になったことが何度かある。手で触る機会の少ないMacBookのコーティングはiPhoneよりも剥がれやすいのかもしれない。

ただ、アルコール除菌シートは在庫不足が起きていて、かつ海外製ということもあるのかClorox除菌シートはAmazonで売り切れの状態。イソプロピルアルコールはどこで購入していいかもわからない。

UPDATE:2020/03/10 18:02日本語のサポートページも更新されたことによって追記・修正しています。END OF UPDATE

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2020/07/05
iPhone 12、最小モデルは初代“SE”に代わるサイズ感に?

iPhoneの噂・最新情報

2020/07/04
Apple「iPhoneの充電器どうしてる?」と調査実施。同梱廃止の予兆か

セール

2020/07/04
過去最安値、「Fire TV Stick」が2,000円オフに

スマホアプリ

2020/07/03
2020年上半期のアプリ売上は5兆円超。全体の7割はゲームアプリ
Recommendこんな記事も読まれています