bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

最新デザインのApple Store「Apple新宿」がオープン。1000人の行列、記念品の配布終了

Appleニュース

最新デザインのApple Store「Apple新宿」がオープン。1000人の行列、記念品の配布終了

2018年4月7日(土)午前10時00分に最新の店舗デザインを導入したApple Store、「Apple新宿」が新宿マルイ・1階にオープンした。前日深夜からできた行列は1000人に到達。地上では収まりきらず、地下にある新宿三丁目駅内まで行列が伸びた。

新宿マルイ本館1階にオープンした「Apple新宿」

雨や風、強い日差しを凌げる地下での行列

新宿マルイ本館1階にオープンした「Apple新宿」

4月7日(土)、日本国内9店舗目(Apple札幌は閉店)となる「Apple新宿」が新宿三丁目駅のA2またはA4出口から数秒でアクセスできる新宿マルイ本館1階にオープンした。オープン2日前にはプレス向けにプレオープンされ、記念品のTシャツ、バッジが数量限定で配布されるということもあって前日深夜から列ができ最終的には1000人に到達したようだ。

列に並んだのは7時40分ごろ、この時点での列は50m〜100mほどだったが既に地上には並べず地下に並ぶことに。2014年にオープンしたApple表参道では8時40分の時点で350mにも達していたので比較的短くなっていたが、今回は土曜日ということもあって最終的にはスタッフが「すごいことになっている」と表現するほど列が伸びていた。

なお、地下では東京メトロの無料Wi-Fiが利用でき、雨や風もしのげるためiPhoneの発売日に並ぶのであれば表参道や銀座、渋谷よりも新宿を選択した方が良いかもしれない。いよいよ10時となり「Apple新宿」がオープンした。地上では恒例のハイタッチが行われていたが地下までは来なかった。

「Apple新宿」オープン、記念品はオープンから約2時間で配布終了

「Apple新宿」のハイタッチ

10時20分になるとようやく歩を進めることができ地下から出てスタッフとのハイタッチと共に「Apple新宿」に入店。ハイタッチを終えるとAppleロゴ入りの黒い箱を渡された。この箱の中に記念Tシャツとバッジが入っている。TシャツはピンクのAppleロゴと背面に“新宿”の文字がプリントされていた。バッジは安全ピンではなく強力磁石で挟むタイプなのでキャップやバッグなど衣類等につけるのは難しそうだ。Appleは年内にあと2つの新しいApple Storeをオープンさせるが、すべての店舗でバッジが配布されるならすべて集めたいという人も多いかもしれない。なお、Apple表参道では5000枚のTシャツを用意していたそうだが、Apple新宿ではどれぐらい用意していたのかスタッフに聞いたところ数は把握していないものの潤沢に用意していると教えてくれた。実際にはオープンから2時間後の12時ごろに記念品の配布が終了したようだ。

「Apple新宿」のハイタッチ

「Apple新宿」のハイタッチ

最新の店舗デザインを導入した日本初の店舗

Appleは昨年のスペシャルイベントで世界中のすべてのApple Storeをタウンスクエア型にリニューアルすると発表。発表後初めてオープンするのが「Apple新宿」で最新の店舗デザインが導入されている。

ストアのフロント部分は37メートル幅のガラス張り、日本在来種のソヨゴ樹木を植えることで街路と一体化した雰囲気を演出。天井の高さは異なるが雰囲気はApple表参道に近い。ストアに入ると飛び込んでくるのは6Kのビデオウォールとそれを囲うイスからなるフォーラムスペースだ。

6Kビデオウォール

ストアの左右の壁と6Kビデオウォールの左右にある「Avenues」では、Apple WatchのバンドやiPhoneケース、Macのアクセサリ、Beats・Boseなどのオーディオ製品を自由に試しながら購入を検討できる。これまでのApple Storeと大きく異なる部分だ。

例えば、iPhoneケースの「Avenues」では並べられたケースをスタンドから外して自分のiPhoneで試着ができる。ケーススタンドの下にはライトが埋め込まれているため色合いを確認しながらケース選びが可能だ。気に入ったらケーススタンドを手前に引き、棚から商品を取り出して購入できる。

iPhoneケースを照らす、Avenues iPhoneケースを取り出して購入できる、Avenues
Apple Watchのバンド、Avenues ヘッドフォン、Avenues

iPhoneの展示も他のApple Storeと大きく異なる。「Apple新宿」ではiPhoneがLightningケーブルに繋がれていないため店内ならば自由に歩き回って試すことが可能だ。また、Apple製品のサポートを受けるためのジーニアスバーは存在するがエリアは限定されていないスタッフに声をかけてその時に空いている机で対応するとのこと。

iPhoneは自由に歩き回って試せる

Appleは今年中に3つの新しいApple Storeをオープンする

Apple新宿、Appleロゴ

Appleは2018年中に「Apple新宿」を含めた3つの新しいApple Storeをオープンすると発表している。おそらく、Apple新宿のような最新デザインを導入した店舗になるはずだ。噂では1店舗は京都、もう1店舗は東京・千代田区または豊島区、Appleが公開したティザー画像からは北海道といった多くの地域が噂されている。

なお、AppleのAngela Ahrendtsリテール担当上級副社長はApple Storeを日本国内で大規模展開するために東京・大阪・京都・神戸に訪問していることを明かしているためこれらの地域にApple Storeがオープンするかもしれない。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/23
災害時に役立つiPhoneの「緊急低電力モード」をショートカットで作る

Apple Music

2018/09/22
miwaの全楽曲が「Apple Music」などで聴き放題に

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
写真・動画、ショートカットもカンタンに送れる「iCloudリンク」の使い方

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
「iPhone XS」でバッテリー残量をパーセント表示する方法
Recommendこんな記事も読まれています