bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、「Siri」のデフォルト検索もGoogleに変更

Appleニュース

Apple、「Siri」のデフォルト検索もGoogleに変更

Appleが音声アシスタント「Siri」やSpotlightのウェブ検索結果をMicrosoftのBingからGoogleに変更したことが明らかになった。

例えばiPhoneでSiriに質問したり、ホーム画面で検索後、“Safari”や“Webを検索”をタップするとGoogleの検索結果が表示される。

変更の理由は「検索体験に一貫性を保つため」

OracleとのJavaを巡る裁判からGoogleが年間10億ドルもの大金をAppleに支払ってSafariのデフォルト検索に設定されていることが明らかになった。この支払額は2014年当時のもので現在は年間30億ドル、約3,350億円も支払っているとの見方が強い。

iPhoneの販売台数は2016年に10億台を突破しており、それだけの大金を支払っても価値があるというわけだ。SiriやSpotlightのデフォルト検索に設定される価値はそれほどではないが、決して少なくない訪問者をGoogleが新たに獲得することになる。

Apple、「Siri」のデフォルト検索もGoogleに変更 Apple、「Siri」のデフォルト検索もGoogleに変更
Siriの画像検索のみBingが継続されている

iPhoneユーザーにとってもメリットがある。BingのクオリティはGoogleに比べて劣ることが多く、デザインや操作性、機能も大きく異なる、検索結果が概ねGoogleで統一されることでどこからWeb検索にアクセスしても同じクオリティ、操作性、機能が得られることは良いことだ。

なお、Safariと違ってSiriやSpotlightの検索は変更することができない。Bingからより多くのユーザーが利用するGoogleに変更されることは決して悪いことではなく、Googleの検索結果を望んでいた人も多いと思う。

Techcrunchによれば今回の変更について「SiriやSpotlightのデフォルト検索をGoogleに変更したことでSafariの検索結果と一貫性が保てる」とAppleはコメントしているようだ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2019/09/22
iPhone 11を買ったら設定しておきたいこと13のこと

Pixelの噂・最新情報

2019/09/21
Pixel 4、新色はまた変な名前「オーソーオレンジ」か

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11の操作方法・使い方まとめ

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11 Pro/Pro Maxの価格・料金を比較。最も安いキャリアは?
Recommendこんな記事も読まれています