bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au、“X”の最上位モデル「Xperia X Performance」を6月中旬に発売

au

au、「Xperia X Performance」を6月中旬に発売

auは、2016年夏モデルとして「Xperia X Performance SOV33」を6月中旬以降に発売することを発表しました。

au、「Xperia X Performance」を6月中旬以降に発売

「Xperia X Performance SOV33」は、Xperia Zシリーズの後継となったXperia Xシリーズの最上位モデル。

初代Xperia Zから続くオムニバランスデザインを継承しつつ、直線的なデザインから丸みのあるデザインに変更され、背面にはメタル素材を採用し、カラーごとに異なる加工を施すなどのデザイン変化があります。

機能面ではカメラが大きな特徴で、側面に配置された「カメラキー」の長押しによるカメラ起動から、オートフォーカス、撮影までを最速0.6秒で可能になったほか、ソニーのデジタル一眼カメラ「α」のオートフォーカス技術を応用した「先読みオートフォーカス」に対応することで、被写体の動きを予測してブレのない映像撮影を実現しています。

また、約1,320万画素のインカメラには、新開発のセンサーを搭載することで暗い場所でも明るい自撮り撮影が可能です。

バッテリーには、Qnovo社のバッテリー制御技術を世界で初めてスマートフォンに導入。バッテリーの状態に応じて最適な充電を行うことで最大2倍の長寿命化を実現し、2年間バッテリーの劣化を気にせず使用できるとしています。

発売日は6月中旬以降で予約開始日や価格は未定。

なお、「Xperia X Performance SOV33」は、2016年5月11日から au SHINJUKU、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA、au HAKATAで展示され、2016年5月13日以降に全国のauショップにて展示されます。

スペック

「Xperia X Performance SOV33」のスペック
OSAndroid 6.0
サイズ約71×144×8.6mm
重さ約165g
ディスプレイ約5.0インチ
フルHD(1920×1080ピクセル)
カメラ約2,300万画素 / 約1,320万画素
プロセッサSnapdragon 820 MSM8996
クアッドコア
2.15GHz+1.6GHz
メモリ3GB
保存容量32GB
バッテリー2,570mAh
連続通話時間VoLTE:約1,330分
連続待受時間4G LTE/WiMAX 2+:約490時間
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
4G LTE/WiMAX 2+下り最大370Mbps
(東京都渋谷駅周辺エリアから開始。順次拡大予定)
防水・防じんIP65/IP68
ワンセグ/フルセグ○ / ○
Bluetooth4.2
microSD最大200GB
カラーホワイト/グラファイトブラック/ライムゴールド/ローズゴールド

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2019/05/21
速報:セブン-イレブン、7月からLINE Pay・メルペイ・PayPayが利用可能に

Android

2019/05/20
ファーウェイ、既存製品へのセキュリティアップデートの継続提供を発表

LINE Pay

2019/05/20
LINE Pay、最大20%還元の「Payトク」を6月1日から開催

LINE Pay

2019/05/20
LINE Payの300億円祭がスタート。やり方と送れない時の対処方法を解説
Recommendこんな記事も読まれています