2016-02-22 18:02:26
  • トップページ
  • Xperia X
  • ソニー、Xperia Zの後継シリーズ「Xperia X」を発表。日本でも今夏発売か
  • ソニー、Xperia Zの後継シリーズ「Xperia X」を発表。日本でも今夏発売へ

    ソニーモバイルが、Xperia X」「Xperia XA」「Xperia X Performance」の新製品3モデルを発表しました。

    今回発表された「Xperia X」シリーズは、これまでハイエンドモデルとして展開されてきた「Xperia Z」の後継シリーズ。「Xperia X」と「Xperia XA」はフラグシップモデル/ミドルエンドモデルで、「Xperia X Performance」は最上位モデルとして展開されます。

    Xperia Xシリーズが登場、最上位モデルは日本でも発売予定

    「Xperia X Performance」――日本でも発売予定の最上位モデル

    ソニー、Xperia Zの後継シリーズ「Xperia X」を発表。日本でも今夏発売へ

    最上位機種となる「Xperia X Performance」は、ディスプレイに5インチ/フルHD(1,080×1,920ピクセル)、2,300万画素/1,300万画素のカメラを搭載するシリーズ最上位モデル。

    「Xperia Z5」よりもカメラの起動時間が2倍高速化され、被写体の動きを予測してフォーカスを合わせる「先読みオートフォーカス」に対応します。

    バッテリーは、Quick Charge 2.0の急速充電に対応した2,700mAh。ソニーのバッテリー技術を結集し、最大2日間の電池持ちを実現。充電時は自動で充電量の調整を行い、バッテリーの負荷を抑えることで電池寿命を最大2倍に延長する「QNS Adaptive Charging Software」をサポートしています。

    プロセッサは、ハイエンドモデル向けにクアルコムが開発したSnapdragon 820 MSM8996(2.15GHz+1.6GHz)を搭載。通信規格はLTE Cat.9に対応することで下り最大450Mbpsでの通信が可能です。

    ボディデザインは、手のひらになじむフォルムを追求し、フラットなデザインから丸みを帯びた形状に変更されました。さらに、IP68に準拠した防水・防塵性能を備えます。

    また、ディスプレイはiPhone 6sのようなカーブディスプレイを採用。ボディカラーは、グラファイトブラック・ホワイト・ライムゴールド・ローズゴールドの4色展開になり、フロントパネルとホワイトパネルのカラーが同じになることでより統一感のあるカラーデザインを実現しています。

    ソニー、Xperia Zの後継シリーズ「Xperia X」を発表。日本でも今夏発売へ

    「Xperia X Performance」は、今回発表されたXperia Xシリーズとして唯一日本発売がアナウンスされているモデルです。例年の傾向からすれば2016年夏モデルとして4月以降に発売されるものと思われます。

    フラグシップモデルの「Xperia X」とミドルエンドモデルの「Xperia XA」

    ソニー、Xperia Zの後継シリーズ「Xperia X」を発表。日本でも今夏発売へ

    フラッグシップモデルになる「Xperia X」は、プロセッサやバッテリー容量、サイズ、重さなどは異なるものの、ボディデザインやカメラ、ディスプレイはPerformanceとほぼ同じものを搭載しています。

    ソニー、Xperia Zの後継シリーズ「Xperia X」を発表。日本でも今夏発売へ

    中級価格帯機種であるミドルエンドモデルの「Xperia XA」は、同じボディデザインを採用するものの、プロセッサや指紋センサーの有無、カメラ、ディスプレイ、ストレージ容量が上位2モデルに劣る構成になっています。

    「Xperia X Performance」「Xperia X」「Xperia XA」のスペック比較表

    Xperia X PerformanceXperia XXperia XA
    OSAndroid 6.0
    サイズ144.78×71.12×7.62mm142.7×69.4×7.9mm143.6×66.8×7.9mm
    重さ164.43g153g137.4g
    ディスプレイ5インチ/フルHD(1,080×1,920ピクセル)
    トリルミナスディスプレイ for mobile
    X-Reality for mobile
    Dynamic Contrast Enhancement
    5インチ/HD(720×1,240ピクセル)
    Mobile BRAVIA engine 2
    Super Vivid mode
    カメラ2,300万画素 / 1/2.3型 / Exmor RS for mobile
    0.03秒未満(Performanceのみ)のクイック起動
    先読みオートフォーカス
    5倍のクリアズーム
    広角24mm F値2.0 Gレンズ
    フルHDビデオ録画
    1,300万画素カメラ / 1/3型 / Exmor RS for mobile
    クイック起動
    ハイブリッドオートフォーカス
    5倍のクリアズーム
    自動シーン認識
    プロセッサSnapdragon 820
    2.15GHz+1.6GHz
    クアッドコア
    Snapdragon 650
    1.8GHz
    クアッドコア
    MediaTek Helio P10
    2 GHz(Cortex-A53)
    オクタコア
    メモリ3GB2GB
    バッテリー2,700mAh2,620mAh2,300mAh
    microSD最大200GB
    防水・防塵IP68未確認未確認
    ボディカラーホワイト/グラファイトブラック/ライムゴールド/ローズゴールド
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!
    4件のコメント
    • Anonymous
      No.71883

      2億3000万画素っすか!すげー!

    • Anonymous
      No.72682

      ソニーなー…見た目「だけ」は良いんだよな、相変わらずスクリーンにアニール処理してないんだろうか
      またバッキバキ割れるのかね

      ちなみにソニーさんさ、iPhoneとかGalaxyもよく割れるけど割れてもまだタッチに反応するんで見た目さえ我慢すれば使えるんですよ。所がそちらのXperiaの場合ヒビでも入ったらそこ完全に死ぬんですよ。

      カメラじゃないんだから画素数がどーのってのに拘る前に是非耐久性とスマホとしての実用性に注力して欲しいものだが。カメラ性能は根本がしっかり出来た上で二の次にお願いします。
      不良品もよく出回る割りに交換なんかに応じないようなんで、品質管理もちゃんとしてください。

      • Anonymous
        No.78183

        落とさなければいいんじゃないの?

    • Anonymous
      No.86249

      ソニーの商品を使っているが上の方(Anonymous 2016年3月7日 7:50:44No.72682)に同意だわ。
      薄くていくら洗練されていても、耐久性無さすぎ。
      防水うたってて防水しちゃう、なんちゃって防水仕様。
      アンドロイドのOSバージョンアップすると、いろいろ(ソニーだけ)不具合でてくる仕様。
      高温環境の制限時に他と違ってカクカク(ソニーだけ)なりまくるカクカク仕様などなど。
      バンカラでもいいから 良いものを作って下さい。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Xperia Xの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー