bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、通信速度が国内最速の最大682Mbpsに〜Xperia XZも500Mbpsに高速化

NTTドコモ

ドコモ、通信速度が国内最速の下り682Mbpsに

NTTドコモが、国内最速となる受信時最大682Mbpsの通信サービスを3月9日(木)から提供します。また、同日から対応機種として「Wi-Fi STATION N-01J」が発売されます。

「Xperia XZ」など発売済みの機種も高速に

ドコモは新技術「256QAM」と「4x4MIMO」を導入することで、3月9日から受信時の通信速度を最大682Mbpsまで高速化します。

256AMは、一度に運ぶ情報量を増やすことで約1.33倍の高速化を実現。従来の375Mbpsから500Mbpsへ高速化します。4x4MIMOは、データ通信をやりとりする基地局と端末のアンテナ数を2つから4つに増やすことで従来の370Mbpsから512Mbpsに高速化され、両方の新技術に対応するデバイスでは最大682Mbpsまで高速化されます。

受信時最大682Mbpsに対応するデバイスとしてモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」が3月9日に発売されます。また、256AMに対応する「Xperia XZ SO-01J」「V20 PRO L-01J」の2機種は受信時の通信速度が最大500Mbpsまで高速化されます。

682Mbpsの対応エリアは東京23区や名古屋市、大阪市など東名阪エリアの35都市。東名阪以外のエリアでも632Mbpsの通信サービスを40都市で利用できます。

ドコモ、通信速度が国内最速の下り682Mbpsに

Wi-Fi STATION N-01J

価格:26,568円
月々サポート:-7,128円
実質支払金:19,440円

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPad

2019/03/19
どっちを買う?「iPad mini 2019」の「iPad Air 2019」違いを比較

iPad

2019/03/18
速報:激変した「iPad Air」が発表。10.5インチ、極薄ボディ・Apple Pencilに対応

iPad

2019/03/18
速報:約4年ぶりの新型「iPad mini 」発表。Apple Pencilに対応

Appleニュース

2019/03/18
Apple公式サイトがメンテ中に〜新型iPadやAirPods 2の発売か?
Recommendこんな記事も読まれています