bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、iPhoneの下取り額を変更。iPhone 6s Plusなど最大4500円の減額

NTTドコモ

ドコモ、iPhoneの下取り額を変更。iPhone 6s Plusなど最大4500円の減額

ドコモが12月16日からiPhone X/iPhone 8/iPhone 7シリーズの月々サポートを増額し、実質支払額を値下げしたが、同時に下取りプログラムにおいてiPhoneの下取り額を値下げした。

iPhone 7なども4,000円の減額

今回の下取り額の変更で最大の減額となったのがiPhone 6s Plusで31,500円から27,000円に減額された。減額幅は4,500円。また、iPhone 7/iPhone 6/iPhone 5sも4,000円減額されている。下取り額は時期によって大きく変動するため、今後増額される可能性もあるが、新型iPhoneが発売された時が最も高くなる傾向が強く、徐々に減額されていくことが多いため、下取りを利用して買い替えする場合は注意が必要だ。

ドコモの「下取りプログラム」はスマートフォンなど携帯電話の購入時に、iPhoneを下取りに出すと購入額から最大46,000円を割引くプログラム。故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作することなどが条件で画面が割れている場合は下取り額が大幅に減額されてしまう。

減額前後の下取り額は以下のとおり。なお、下取り・キャンペーン等を適用したiPhone X(レビュー記事)/iPhone 8/iPhone 8 Plusの料金を確認できるシミュレーションにも反映しているので年末年始に買い替えを検討しているかたはぜひ利用してください。

iPhoneの下取り額

〜12月15日12月16日(減額後)〜
iPhone 3G1,000円
iPhone 3GS
iPhone 4
iPhone 4s
iPhone 5
iPhone 5c6,000円4,000円
iPhone 5s9,000円5,000円
iPhone SE17,000円
iPhone 617,000円13,000円
iPhone 6 Plus21,000円18,000円
iPhone 6s26,568円23,000円
iPhone 6s Plus31,500円27,000円
iPhone 741,000円37,000円
iPhone 7 Plus46,000円

ドコモオンラインショップで確認

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2018/12/14
ポケモンGO、あす早朝から伝説のポケモン「ルギア」と「ホウオウ」が期間限定で登場

PayPay

2018/12/14
PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」がわずか10日間で終了。新キャンペーンを実施予定

Amazon

2018/12/13
米Amazonで「Chromecast」が販売再開。近くプライムビデオの視聴に対応か

スマホアプリ

2018/12/13
Uber Eats、ガストの人気メニューが半額に。12月20日まで
Recommendこんな記事も読まれています