毎年スマホ買い替えでもおトクに。ドコモが残価設定型の「いつでもカエドキプログラム」開始

bio
Yusuke Sakakura

毎年スマホ買い替えでもおトクに。ドコモが残価設定型の「いつでもカエドキプログラム」開始

ドコモがiPhone 13の発売に合わせて「いつでもカエドキプログラム」の提供を9月24日から開始すると発表しました。

同プログラムは、スマートフォンなどの機種代金から残価を差し引いた金額を23分割で支払い、端末を返却すると残価分の支払いが不要になる端末購入サポートプログラムです。

いつでもおトクに機種を変えられる新プログラム

“毎年発売される最新機種を常に使いたい”、“最新機種の新しい機能を使ってみたい”、“現在利用する機種に飽きてしまった”と感じているものの、機種代金の残りがあることから機種を変えられない不満を解消するのが「いつでもカエドキプログラム」です。

同プログラムは端末を返却するタイミングによって受けられる特典が以下のとおり異なります。

  • 23ヶ月目に返却する
    • 24回目に設定された残価額の支払いが不要に
  • 1〜22ヶ月目までに返却する
    • 残価額の支払い不要+返却した翌月から23回目までの分割支払い金に対して「早期利用特典」による割引を適用
  • 返却しない
    • 24回目に設定された残価額を24回に再分割して、支払いを続ける
    • 再分割後に端末を返却すると、返却翌月以降は残額の支払い不要に

例えば、機種代金が105,500円/残価額が48,000円のスマートフォンを「いつでもカエドキプログラム」で購入すると、毎月の支払い額は機種代金から残価額を差し引いた57,500円を23回に分割した2,500円です。

購入から2年後に機種を返却すると残価額の支払い不要

23回目の支払い後に購入したスマートフォンを返却すると、残価額の48,000円の支払いが不要になります。

購入から2年後の返却イメージ

購入から1年後の返却ならさらにおトク

1年で機種を買い替えたい場合は、1〜22ヶ月目までに購入したスマートフォンを返却することも可能。この場合は翌月以降に支払う機種代金に「早期利用特典」による割引が適用されます。

早期利用特典が600円の場合は、2500円-600円の1,900円を23回目まで支払い、さらに残価額の48,000円の支払いも不要です。

もし12回の支払い後に返却した場合、早期利用特典の600円x11回=6,600円と残価額の48,000円を合計した54,600円の支払いが不要になります。なお、機種を返却した時点で残りの支払い額を一括で支払うことも可能。負担額は変わりません。

購入から1年後の返却イメージ

2年目以降、使い続けることも可能

また、スマートフォンを返却せず、24ヶ月目以降も利用を続ける場合は、2,500円/月を23回支払い、24回目以降は残価額の48,000円を24回に分割した2,000円/月を24回支払います。これ以降にスマートフォンを返却する場合は翌月以降の支払いが不要になります。

利用を続ける場合の利用イメージ

「いつでもカエドキプログラム」は、ドコモの回線契約がない場合やドコモオンラインショップでも加入できます。ただし、Apple Storeでは加入できないとのこと。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています