ドコモ、ついに解約金・解約金留保を廃止。2年縛りプランは新規受付終了

bio
Yusuke Sakakura

ドコモ、ついに解約金・解約金留保を廃止。2年縛りプランは新規受付終了

ドコモが定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」および、プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで解約金が留保差れる「解約金留保」を10月1日から廃止すると発表しました。

今回の変更に伴い2年定期契約プラン――いわゆる2年縛りプランの新規受付が9月30日に終了します。

前プランの解約金が留保される「解約金留保」

ドコモは、2019年9月30日までの料金プランにおいて、2年契約10,450円、1年契約3,300円の解約金と、2019年10月1日以降の料金プランにおいて、2年契約1,100円の解約金を設定していましたが、10月1日から廃止になります。

また、解約金なしの新プランに変更した場合も、プラン変更前の定期契約プラン満了までの留保期間は解約金が発生する――解約金留保も廃止に。解約金留保は数日前からmy docomoで確認できなくなっていました。

解約金留保のイメージ
解約金留保のイメージ

9月30日をもって新規受付終了となる定期契約プランはは以下のとおり。なお、個人契約はdカードお支払割、法人契約は新設されるビジネスメンバーズ割によって、2年定期契約プランと同水準の金額まで割引されます。

  • 5Gギガホ プレミア 法人定期
  • ギガホ プレミア 2年定期
  • 5Gギガライト 法人定期
  • ギガライト2 2年定期
  • ケータイプラン2 2年定期
  • はじめてスマホプラン(5G) 法人定期
  • はじめてスマホプラン(Xi) 2年定期

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています