おサイフケータイをタッチレス化。ドコモが実証実験

bio
Yusuke Sakakura

おサイフケータイをタッチレス化。ドコモが実証実験

ドコモとソニーが、スマートフォンをかざさなくても決済ができる「おサイフケータイのタッチレス対応」の実証実験を12月10日から開始すると発表した。

おサイフケータイがタッチレス化することで、ポケットやかばんにスマートフォンを入れたまま決済などが可能になる。

時代はタッチレスへ?

「おサイフケータイのタッチレス対応」は、高精度な即位技術のひとつであるウルトラワイドバンド(UWB)やBluetoothなどの無線通信規格、キャッシュレス決済で利用されているFeliCaを組み合わせることによって実現される。

これまではおサイフケータイに対応したスマートフォンなどを専用のリーダーにかざしていたが、タッチレス対応によってかばんやポケットから取り出さずに支払いエリアに立つだけで決済できるほか、ドライブスルーでは車の窓から現金やスマホを出さず、離れた位置からでも決済が可能になるという。

なお、タッチレス対応においては利用者特定が重要だが、スマートフォンと読み取り機器との距離や角度を測定して解析する技術を利用するそうだ。

おサイフケータイのタッチレス対応

おサイフケータイのタッチレス対応

実験では、今後普及が見込まれる高精度な即位技術の1つであるUWBを採用したAndroidデバイスを用意して、キャッシュレス決済、スマートフォンを使ったデジタルキーでの車の開錠・施錠、デジタルサイネージからの広告・クーポン配信のタッチレス利用を想定した実験環境を構築するとのこと。

実証実験は、2020年1月23日〜2020年1月24日の期間、東京ビッグサイトで開催されるドコモのイベント「DOCOMO Open House 2020」にて一般公開される。

なお、JR東日本もSuicaなどを改札にタッチせずに通過できる「タッチレスゲート」を2〜3年後に導入すると報じられており、これからはタッチレスが普及していくのかもしれない。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています