Galaxy S21シリーズの実機画像が流出。ベゼルが極薄化

bio
Yusuke Sakakura

Galaxy S21シリーズの実機画像が流出。ベゼルが極薄化

Credit: Mauri QHD

2021年1月14日に発表が噂されているSamsungの新型フラグシップスマートフォンGalaxy S21シリーズの実機写真が流出した。

世界で初めて採用したデュアルカーブディスプレイを廃止し、オールフラットになったディスプレイはベゼルが極薄仕様になっている。

Galaxy S21の実機写真が初流出

リーカーのMauri QHDがGalaxy S21シリーズの実機写真を公開した。入手元は友人で詳しい情報は明かされていないが、すでに流出済みの公式プレス画像と一致しているため信憑性は非常に高い。

なお、今季のフラグシップモデルは、Galaxy S21/Galaxy S21+/Galaxy S21 Ultraの全3モデルになると噂されており、公開された実機写真は同じデザインが採用される画面サイズ違いの「Galaxy S21」または「Galaxy S21+」のどちらかだ。

まず最初に目を引かれるのがオールフラットになったディスプレイ。画面中央上部に賛否両論あるパンチホールが設けられている。ベゼルは非常に薄い。ボトム側のベゼルだけ幅が違って不揃いなのは気になるが、幅自体は同じフラットスクリーンのiPhone 12シリーズとは比べ物にならないほど薄い。

背面は紫と金のツートンカラー。噂どおりであればファントムバイオレットとして発表されるカラーだ。

Galaxy S20に比べて存在感の強調されたカメラユニットには3つのレンズが縦に並んでいる。トリプルカメラは現行モデルと同じ広角、超広角、望遠レンズで構成される可能性が高い。

新デザインで数週間後に登場するGalaxy S21シリーズ。ベゼルが極薄化し、大きく突き出たカメラユニットが改善されるなど個人的には好印象だがどうだろうか。コメントで感想を書いてください。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています