Galaxy S9/S9+のパーツがリーク。イヤホン端子廃止、バッテリー容量も明らかに

bio
Yusuke Sakakura

Galaxy S9/S9+のパーツがリーク。イヤホン端子廃止、バッテリー容量も明らかに

Samsungが2月25日に開催するイベント「Unpacked 2018」で正式発表されるGalaxy S9/Galaxy S9+のパーツが多数リークされた。リークされたパーツからはバッテリー容量などのスペックが明らかになっている。

Samsung、Galaxy S9シリーズでついにイヤホン端子を廃止

Xperia XZ1/Xperia XZ1 Compactのプレス画像も発表前にリークしたRoland Quandt‏(@rquandt)がGalaxy S9シリーズのパーツを自身のTwitterアカウントでリークした。

Samsungが公開したティザー映像からGalaxy S9シリーズではカメラの進化にフォーカスされることが明らかになっていてこれまでのリーク情報からf/1.5〜f/2.4の「可変絞り」やデュアルレンズが進化の内容とされているが、今回リークされたGalaxy S9のカメラパーツはシングルレンズで可変絞りであることは確認できない。

内蔵されるバッテリーパックのリークから容量も明らかになっている。「Galaxy S9」は3,000mAh、「Galaxy S9+」は3,500mAhで前モデルと同じ容量になるようだ。また、Galaxy S9+の基盤からはUSB Type−Cを継続採用することがわかる。

Roland Quandtは言及していないが、自身で確認したところ、Galaxy S8シリーズの同基盤にはUSB Type-Cの右横にイヤホン端子の部品が配置されていた。今回リークされた基盤にはイヤホン端子の部品が見当たらず、イヤホン端子を廃止するのではないかとの噂の信ぴょう性を裏付けるものになっている。以前リークされたパッケージ画像には“Earphones tuned by AKG”と書かれていたがワイヤレスイヤホンになるようだ。

Galaxy S9/Galaxy S9+は2月25日に発表され、3月16日に発売とみられている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています