噂:Galaxy Z Fold4は本体を小型化・薄型化。Sペンを本体収納できず

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/04/20 18:37

噂:Galaxy Z Fold4は本体を小型化・薄型化。Sペンを本体収納できず

4月21日発売の「Galaxy S22 Ultra」は、Galaxy Sシリーズ史上初のSペンを本体に収納できるポケットが搭載されます。Sペンの持ち運びが便利なだけでなく、ポケットの付いた純正ケースに縛られることなく、好みのケースを利用できる待望の機能です。

同じくSペンに対応するGalaxy Z Fold4にもSペンを収納できるポケットの搭載に期待がかかるところ。今年2月にはSペンが収納可能になると報じられましたが、最新情報によればSペン用のポケット搭載は見送られるようです。

Sペンを収納できるほどの厚みはなし

Samsungが昨年発売した折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold3」の厚み(開いた状態)は6.4mmですが、Sペンの厚みはS Pen Fold Editionが7.7 mm、S Pen Proが9.5 mmです。つまり、Sペンを収納するには現行から本体を厚くするか、ヒンジ部分を大幅に改良してSペン用の収納ポケットを新設する必要があります。

しかし、Samsungの未発表製品に詳しいIce Universeによると、Galaxy Z Fold4のボディは大きさが少し小さくなり、薄くなるとのこと。本体にSペンを収納できないとも伝えています。

本体内にSペンを収納できれば嬉しいところですが、持ち運び時に厚みが2倍になる折りたたみスマートフォンには、ボディをできるだけ薄くし、軽量化して欲しいとの声も多く聞かれます。

Sペンを本体に収納しながら使える「Galaxy S22 Ultra」と、タブレットサイズでSペンを広く使える「Galaxy Z Fold4」といった差別化もできるため、無理に本体に収納できるようアップデートする必要もなさそうです。

これまでの噂によれば、Galaxy Z Fold4は、縦方向に折りたたみできるGalaxy Z Flip4や正体不明の折りたたみスマートフォンと共に今年8月に発売と報じられています。

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています