bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモの更新月を確認する方法

NTTドコモ

ドコモの更新月を確認する方法

ドコモの更新月知っていますか?

ドコモの料金プランには定期契約あり/定期契約なしの2種類が用意されています。

定期契約ありのプランは、2年間使うことを条件に料金を安く利用できるというもの。いわゆる“2年縛り”のプランです。契約は2年ごとの自動更新。「更新月」と呼ばれる時期に解約しないと高額な解約金を支払うことになります。過去に更新月を忘れてしまい、解約時に高額な解約金を支払ったという人も多いでしょう。

この記事ではムダな解約金を支払わないために、更新月の確認方法や解約金の額、2年縛りの期間を解説します。

目次

更新月とは

更新月とは、解約金を支払わずに解約/他社にのりかえ(MNP)/定期契約のないプランに変更できる期間です。ドコモの更新月は契約満了月の当月・翌月・翌々月の3ヶ月間。

例えば、2020年5月に定期契約が満了となる場合は、5月、6月、7月が更新月となり、解約金を支払わずに解約などできます。

ドコモの更新月イメージ
ドコモの更新月イメージ

数年前まで更新月は1ヶ月間のみでしたが、更新月の周知が不十分であったことや更新月が短いため知らない間に更新月を過ぎてしまい、高額な解約金を求められたり、知らない間に契約が更新されるなどして国民生活センターなどに多くの相談・苦情が寄せられて徐々に延長されている経緯があります。

解約金はいくら?

更新月以外に解約/他社にのりかえ(MNP)/定期契約のないプランに変更した場合は解約金を支払うことになります。

ドコモの解約金は他のキャリアに比べて複雑。料金プランや更新月によって解約金が違います。

2019年9月30日まで新規受付していた旧料金プランの解約金は9,500円。2019年10月1日以降に提供を開始したギガホやギガライトといった新料金プランの解約金は1,000円です。

ただし、旧料金プランから新料金プランへの変更後、まだ更新月が来ていない場合は解約金が9,500円になります。例えば、更新月が2020年5月の場合、2019年10月に新料金プランに変更後、2020年4月以前に解約すると9,500円の解約金が発生します。

ドコモの解約金
  • 旧料金プラン
    • 9,500円
  • 新料金プラン
    • 1,000円
    • 旧料金プランの更新月が残っている場合は9,500円

更新月を確認する

操作手順
  • 1. My docomoにアクセス
  • 2. 「dログイン」ボタンをタップ
  • 3. dアカウントのIDを入力して「次へ」をタップ
  • 4. パスワードを入力して「ログイン」をタップ
  • 5. ログインできたら下にスクロールして“ご契約内容※3”をタップ
  • 6. 画面が変わったら下にスクロールして“全てのご契約内容の確認”をタップ
  • 7. 画面が変わったら下にスクロールして“ご契約内容 1/3ページ”の下にある「2」をタップ
  • 8. 料金プランの欄にある“契約満了月はXXXX年XX月です。”を確認する

更新月を確認する

dアカウントでログイン

更新月を確認する

ご契約内容の確認・変更から更新月を確認

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2020/07/08
楽天モバイル、iPhoneで国内通話など無料に。iOS版「Rakuten Link」登場

iPhoneの噂・最新情報

2020/07/08
iPhone 12、歴代iPhoneとのサイズ比較画像が登場

iPhoneの噂・最新情報

2020/07/08
iPhone 12、“100%本物”と主張するパッケージ内画像が公開

Galaxyの噂・最新情報

2020/07/08
サムスン、8月5日にGalaxy Note20/Galaxy Z Fold 2発表へ
Recommendこんな記事も読まれています